死去:ジャックウェルチの死因は腎不全:GE社長の名言とは?

アメリカのGEのCEOとして長年活躍してきた名経営者として知られるジャックウェルチ氏が死去いたしました。

死因は腎不全ということで享年84歳ということでした。

日本でも有名なジャックウェルチ氏の逝去は日本の経済会でも話題となっております。

意思決定の塊のような人で、こういう決断ができるリーダーが日本にどれくらいいるんだろうか。

巨星墜つ。賛否はあるだろうが、GEを立て直したリーダーシップは凄かった。

ジャックウェルチ氏は経営指南書のような本やリーダーシップ論に関連した書籍などもあり愛読していた日本の経営者も多いようです。

その中でも名言などもたくさんあります。

今回はアメリカのGE(ゼネラルエレクトリック)会長兼最高経営責任者として君臨してきたジャックウェルチ氏の死去に関して取り上げます。

死去:ジャックウェルチの死因は腎不全

ジャックウェルチ氏の死去や死因に関しては時事通信社がこのように報道しております。

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)の会長兼最高経営責任者(CEO)を20年にわたって務め、「20世紀で最も卓越した経営者」と称されたジャック・ウェルチ氏が1日、腎不全のため死去した。

84歳だった。

 マサチューセッツ州生まれ。イリノイ大学で博士号を取得後、1960年にGE入社。早くから頭角を現し、81年に45歳の若さで会長兼CEOに就任。

世界でナンバーワンかナンバー2でない事業は撤退する」との方針の下、大胆な「選択と集中」を進めた。重電メーカーとして知られたGEの収益を多角化して「世界最強の企業」と呼ばれるまでに成長させた手腕は、日本の経営者のお手本にもなった。

出典:時事通信社

ジャックウェルチ氏が会長兼最高経営責任者の時には事業の選択と集中により大胆な改革をしました。

それが今日のGEの礎を築いたと言ってもいいでしょう。

日本製の安くて性能のいい家電などの製品の部門は早くから外部に売却し重電などの根幹となる事業は育成していきました。

このような選択と集中の事業展開は今でも称えられる功績として残っております。

一部ではリストラばかりするような意見もありますが経営者としての手腕はやはり特筆すべきものがある名経営者というのが妥当な気がします。

ジャックウェルチ氏は腎不全が死因となっておりますが84歳の年齢で体のいろいろな部分に不具合を起こしていたことも想像されます。

GE社長の名言

ジャックウェルチ氏のことを調べると「名言」という言葉が出てきます。

その名言とはどのようなものがあるのでしょうか。

変革せよ。変革を迫られる前に。

自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。

競争優位を持ち合わせていないのなら、競争してはいけない。

人に自信を持たせることが、わたしにできる何より重要なことだ。自信さえ持てば、人は行動を起こすからである。

他にももっとたくさんのジャック氏の名言があります。

確かに経営者でなくとも心に響く言葉がたくさんありますので「ジャックウェルチ 名言」で調べていろいろ残された文言を見てみるのもいいかもしれません。

「自身さえ持てば、人は行動を起こす」の部分は確かにと思わせる一文で含蓄に富んでいるまさに名言ということができるでしょう。

GE社長として活躍してきましたが生き方の指導者としても多くの本がありますので参考にできる部分があるのではなどのツイートも目立ちました。

腎不全とは

ジャックウェルチ氏の死因は腎不全ということでした。

そもそも腎不全とはどのような病気なのでしょうか。

ジャックウェルチ氏の死因となった腎不全とは腎臓の機能が弱まり体の中の老廃物を適切に体から除去できなくなるような状態のことを言うそうです。

腎臓は体の中の老廃物をきちんと排出するという重要な機能がありますが体内の水分量の調節も行っているそうです。

年齢とともに腎機能は落ちていきますが急性の腎不全などもあるそうです。

ネットの反応

選択と集中ということでリストラに結び付けてあまりいいイメージを持っていない方もたくさんいるようでした。

名経営者の側面とコストの厳しい管理をしていた面があり人によってジャックウェルチ氏の評価は異なるようです。

私はこの「選択と集中」という言葉が嫌いだ。

理由は前に働いていた所のオーナーがこの人の言っていた事を業種が全くかすりもしない業種のくせに受け売りで、盲目的に押し付けてきたからだ。ちなみに販売業である。

私は「具体的にはどうするのか?」聞いてみると、しどろもどろで「それは色々あるだろう」としか言わない。このようなタイプが上司であると本当に苦労する。朝令暮改なんて事もあるのだから。

この方のGE に対する「選択と集中」は正しかった。だが、世間にはそれが自分のところにどのように活用できるのかを深く考えもせず「あそこはこれで良くなった!だからウチも」などという頭の弱い人間たちが多い。

自分のところは自分で考えて決めるのだ!そのような上司の元で業績を伸ばしたいものだ。

どうも大半の意見とは異なって申し訳ないが、
この「思想」が正しいのかが疑問。
日本人は外国人の見解に弱すぎじゃないかな。
ひとつの思想を示した意義はあったと思いますが・・・
合掌

ご冥福をお祈りいたします。ジャックウェルチも亡くなる日が来るのだなと思いました。
世界中の経営者やビジネスマンが見本にして大きな成果を残されてきましたが、はたして今後この方を超える経営者が出てくるのでしょうか。

日本経済新聞が当時推していましたね。
時代の変化を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です