相田幸子は誰で本名特定?龍角散のセクハラ被害者の顔画像と役職:週刊女性

週刊女性で龍角散のセクハラが取り上げられております。

2018年の開発本部の忘年会でセクハラが起きたようですがこれが事実かどうかは未だにわかっていないようです。

その中でセクハラの被害を受けたという女性が週刊女性で「相田幸子」さんという仮名で登場しております。

この相田幸子さんが誰で名前あるいは本名がなんというのかに注目してみます。

相田幸子は誰で本名特定?

今回の相田幸子さんという仮名で週刊女性は龍角散のセクハラをこのように報道しております。

2019年6月、『のどすっきり飴』で有名な龍角散の法務担当部長だった福田由紀さん(仮名・50)は、不当解雇で会社を提訴した。その訴状で藤井隆太社長(60)が行ったとされるセクハラが明らかに。

訴状によると、セクハラ行為があったのは、’18年12月に開かれた開発本部の忘年会。

業務委託の相田幸子さん(仮名・40代)に、「この首筋が色っぽい」などと言い、セクハラ行為を繰り返した。

同席していた当時、開発本部長の姉からセクハラの報告を受けた福田さんは、法務部長として社内調査に乗り出したが、社長室に呼び出され、突然の自宅待機を命じられた。

理由は、「セクハラを捏造して、けしからん」というもの。忘年会からわずか10日後のことだった。3か月後の’19年3月には郵送で解雇通知が届き、これを不服として6月に提訴に踏み切ったものの、この裁判がなかなか進まない。

出典:週刊女性

セクハラの裁判が起きているようですがなかなか進んではいないようです。

裁判の中で真実が明らかにされる可能性もありますのでマスコミ関係はこの裁判にも注目していると思われます。

そしてこのセクハラの被害を受けたという相田幸子さんが誰かなどの情報は探してもありませんでした。

したがって名前などの本名も公開はされていないのでこの仮名で出ている相田さんが誰なのかは特定に至っておりません。

龍角散のセクハラ被害者の顔画像:週刊女性

龍角散のセクハラ被害者に関して仮名である「相田幸子」さんという名前が出ているのみです。

本名がわからなく誰か特定できないので顔画像なども公開はされておりません

今後裁判の結果などで写真等が公開されるような機会があればこちらでも紹介したいと思います。

現在の役職は?

この「相田幸子」さんはセクハラを受けた時点では業務委託ということで派遣社員あるいはパートさんのような位置づけだったようです。

しかし、2019年の1月に社員になっているとのことで週刊女性では不可解な出来事のような報道のしかたです。

何らかの法律によって社員登用になった可能性もあるのでこの点も今後の詳細な報道によるしかありません。

裁判も週刊誌が注目しているので今後も続報が出てくるようです。

ネットの反応

この社長は加藤浩次の番組で年末、絶賛されていた。

もし被害者も丸め込まれたなら感心しない。

病院で薬もらう時「お薬飲めたね」をよく見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です