BASE小郡の運営会社=経営者は誰,名前は?パチンコ店コロナ自粛騒動

福岡県の知事がついに休業要請に応じていないパチンコ店6店舗を公表しました。

パチンコ店の名前の公開に関してはその効果と弊害があるとのことでしたが本日までに閉店していないお店を6店県のホームページで公開しました。

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/c-0429.html

この店舗名の公開でBASEとBASE小郡が列挙されております。

系列店が入っていうのはこのBASEだけということでも注目されております。

今回はこのBASEの運営会社や経営者の社長が誰なのかなどに関して調査してみました。

パチンコ店コロナ自粛騒動

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらない中パチンコ店が毎日騒動として報じられております。

福岡県は29日、新型コロナウイルス特別措置法45条2項に基づき、感染拡大防止のための休業要請に応じない県内のパチンコ店6店舗の店名を公表した。

 県がホームページで公表したのは、北九州市2店舗、福岡、筑後、豊前、小郡4市の各1店舗。

県は県内全365店舗のうち、先週末の25、26日に休業を確認できなかった22店舗に対し、要請に応じない場合は店名を公表することを27日に文書で通知。16店舗は休業したが、6店舗は29日午前10時以降も営業を続けていた。県職員が再度、要請しても応じなかったことから、店名公表に踏み切った。

出典:西日本新聞

この西日本新聞では事実を丁寧に伝えておりますが、ネット上では休業していないパチンコ店の名前の公開に侃々諤々の議論がなされております。

つるし上げになるという意見もあれば宣伝効果で人が県外からも来てしまうのではなどの懸念もあるようです。

実際にこの店名の公開で他の府県では客足が伸びてしまっているようなパチンコ店があるようです。

BASE小郡の運営会社=経営者は誰,名前は?

BASEとBASE小郡を運営している会社はなんという会社でその経営者は誰なのでしょうか。

こちらはパチンコ業界のネットの情報サービスで探してみましたが経営者の名前や運営母体の会社名なども無いようでした。

今回の騒動でかなり福岡県のパチンコ業界も注目されているようなので今後BASEの会社の経営者(社長)の名前なども公けになるのかもしれません。

BASEとBASE小郡の経営者が誰なのか特的できましたらこちでも追記していこうと思います。

場所はどこにある?

BASEというパチンコ店は複数展開しており、今回休業要請に応じていない店舗は2店舗あります。

BASE

BASEの住所は豊前市大字恒富75-1になります。

筑前市の休業要請に応じていないパチンコホールはこのBASEが唯一のお店となっております。

BASE小郡

BASE小郡の住所は小郡市小郡1289-1となります。

小郡市での自粛の要請に対しても営業を継続しているパチンコホールはBASE小郡のみとなっているようです。

ネットの反応

子供達も学校にも行けず、新生活を迎えた人も
全ての人々が色んな欲望をグッと我慢している。
近隣にあるであろう医療関係施設では
自らの命の危険がある中奮闘している人々がいる。
この期に及んで手近なギャンブル【パチンコ】に行く人は
『公衆道徳』『公共心』の観念そのものが無いのと依存症。
人からどう思われようがどう見られようが知ったことではない。
どうして【今】わざわざ行くんだ?あほかと思います。
己の欲を満たす事なら公共心なんて知った事か!という人でしょう。

日本全国で営業しているパチンコ店は既に数軒ほど。
これはもう打ち手の問題。
私も普段は打ちますが、非常事態宣言後は一切入店していません。
連日の報道を見ていると情けなく思う。

パチンコ店も客も応じないのなら、換金所を制圧すれば良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です