一律10万円給付いつもらえる?支給条件で所得制限は

政府は新型コロナ対策として一律に10万円を給付する方針を固めました。

直前までは所得制限を設けて30万円の給付を明言しておりましたが二階幹事長や公明党の働きかけなどもあり聞いて全国民に一律で10万円の支給となりました。

30万円の給付に関しては世論の評判がかなり悪かったのでそのあたりも今回の政策の変更に影響したようです。

かなり複雑な申請要件などもあり国民からの苦言がたくさん与党や政府にも寄せられていたようで今回の10万円の給付への変更は世論が首相周辺を動かしたともいえるでしょう

今回はこの一律10万円の給付に関して焦点を当ててみたいと思います。

新型コロナウイルス対策で予算組替え

共同通信は今回の新型コロナウイルスに関する給付金の予算の組替えに関してはこのように報じております。

政府、与党は16日、新型コロナウイルス対策として、所得制限を設けず全国民に一律10万円を給付する調整を始めた。

減収世帯に限った30万円給付は取り下げる。

20日に国会提出する予定だった2020年度補正予算案を組み替える。

安倍晋三首相は16日、政府の新型コロナ感染症対策本部会合で「緊急事態宣言を全国に拡大することで行動が制約される全ての国民を対象に、一律10万円を給付する方向で与党に検討してもらう」と表明した。

出典:共同通信

安倍首相への公明党の進言で実質的に10万円への支給となったようです。

閣議決定された政策の変更は今までにあまり例もなく30万円の給付がすでに大々的に公表押された後での変更です。

自治体への問い合わせなどもとてもたくさん来ていた中での急な政策変更で現場は大混乱に陥っているようです。

しかし、おおむね今回の10万円の一律給付は評価が高いようです。

不平等な要素が取り除かれたことによるのではなどたくさんの意見がTwitterなどにはあがっております。

一律10万円給付いつもらえる?

一律10万円給付ですがいつもらえるのでしょうか。

給付される時期が明確でないとぎりぎりでやりくりしている家庭では困ってしまうこともあるでしょう。

この10万円の給付は国民がネットなどで申請した後銀行口座に振り込まれるようです。

詳細がまだ確定しておりませんが今のところ10万円の現金給付は5月末頃になるのではと言われております。

一部の意見では夏にまでずれ込むのではなどの推測もありますがひっ迫している家計にはいち早い現金の給付が求められます。

支給条件で所得制限は

今回の国民への10万円の一律給付ですが所得制限などの条件はあるのでしょうか。

これに関して今回は制限はないようです。

全国民に一人10万円の給付ということでハナシが進んでいるようです。

家賃の支払いなど生活困窮者が出てくる可能性もありますのでいち早いスピーディーな政策の実現を望む声が多いようです。

ネットの反応

政策決定が遅すぎるなどの厳しい意見もありますがまずは10万円の給付は確定的なものとなったので後は素早い実行が期待されます。

4月中に補正予算を組み直し、5月中に国会で審議し、採決。
5月末から6月に給付事務に着手し、国民への給付は8月頃。

これが最短?

ここまで長すぎ。こんなに世間が声を上げないと布マスク2枚だけしか支給されなくて、自粛のお願いばかりって異常。本当に馬鹿にされていると思う。

行動制限に伴う生活保障は一律であるべきだし、困窮者や減収が著しい個人事業主等には追加補償をすれば良い。

時間はかかったと思うが、周りの意見を聞き、過ちを認めて修正したことは良いことだと思う。マスクも今からでもよいから希望制にしてほしい。

自己申告制

今回の10万円の一律給付は自己申告制になるようです。

麻生大臣が自分で申告した者に対してのみ給付するとしているか意見がありました。

この言い方で少し炎上しているようですが自分でネット申請や役所に行って手続きを取れない方もいるでしょう。

これらの人たちをどのように救うのかなどこれから詰めないといけない詳細な事項がたくさんまだあるようです。

自己申告制だと給付のスピードを速めることができるとの意見もありますがいずれにしても早く給付を実行してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です