岡口基一裁判官(高裁が遺族洗脳とFacebook投稿)の学歴や経歴は?SNS顔画像や写真とTwitterでの厳重注意処分

仙台高裁の裁判官がFacebookに高裁の事務局が岡口氏を非難するように洗脳したというようなことを投稿していたとのことです。

裁判官がこのようなセンセーショナルな言葉で高裁の事務局に対する投稿をしたとこの都でネット上ではかなりの話題となっております。

今回はこの岡口裁判官に関して取り上げたいと思います。

岡口基一裁判官(高裁が遺族洗脳とFacebook投稿)の経歴は?

今回の岡口基一裁判官に関しての記事は東京新聞などがこのように報じております。

ツイッターで事件の遺族への配慮を欠いた投稿をしたとして、昨年3月に東京高裁から厳重注意処分を受けた仙台高裁の岡口基一裁判官(53)が今月、フェイスブックに「遺族は俺を非難するよう東京高裁事務局に洗脳された」と投稿していたことが15日、分かった。遺族は「あきれて何も言えない」と反発を強めている。

岡口氏は既に投稿を削除。その後、フェイスブックに「使うべき表現ではなく、撤回して深くおわび申し上げる」と投稿した。代理人の弁護士は「コメントはない」としている。仙台高裁総務課は「事実関係を調査中で、今後の対応も検討中だ」とした。
出典:東京新聞

すでにフェイスブックへの投稿は削除されているようで読むことはできないようです。

遺族はかなり反発しているようで感情的な対立構造にもなりそうな予感がするとネット上に書かれたりもしております。

高裁の裁判官という立場での投稿としては表現がかなり過激なので驚いているとのSNSでのコメントも散見されます。

岡口基一裁判官は大分県の高田高校から東京大学の法学部に進学しております。

その後司法試験に合格し1994年に浦和地方裁判所の判事補になっております。

そして2015年からは東京高等裁判所判事となり2019年からは仙台高等裁判所判事となっております。

SNS顔画像や写真とTwitterでの厳重注意処分

以前にツイッターの投稿でも話題となったようですがwikipediaにもそのあたりの経緯が詳細に書かれております。

顔画像や写真などはFacebookなどはアカウントが見つけられない状態なので一時的に閉鎖している可能性もあります。

グーグルで検索すると顔画像なども出てきますがこちらが本人のものかは確証がもてません。

どのような経緯で洗脳するなどということを感じたのかは詳細がわからないと何とも言えません。

今後岡口裁判官の報道があればこちらでの情報を追加していきたいと思います。

wikipediaの情報も真贋がわからない物もあるのでむやみに信用はしないほうがいいと思います。

今回は言葉がショッキングで驚いたという方が多かったのではないの妥当かというコメントも多いようです。

ネットの反応

wikipediaにいろいろあるね

本当の事は誰もわからない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です