産経新聞A記者&朝日50代記者は誰,名前特定?黒川検事長が賭け麻雀?自宅住所【5ch+文春】

黒川広務東京高等検察庁検事長が新聞記者と賭け麻雀をしていたと文春が報道すると5chなどで噂になっているようです。

緊急事態宣言の出ていたゴールデンウィーク中におこなわれたと報じられております。

さらにこの賭け麻雀は産経新聞の記者の自宅で行われ送迎のハイヤー代が出ているとのことです。

これが事実なら刑法違反や利益供与などの疑惑となりますが検事長というポストにいる人物がそのようなことをするはずがないとの意見もあります。

これは、いけません。

検事長ともあろう者が賭け麻雀だなんて・・・。

黒川検事長が本当に賭け麻雀などしていたのでしょうかしかも、産経と朝日という日本の巨大メディアの新聞記者と…

今回は黒川検事長と新聞記者の自宅で賭け麻雀をしていたという記事に関して取り上げます。

黒川検事長が賭け麻雀?文春

黒川検事長が最近は報道で目にすることが多いようですが今回は新聞記者の支度で賭け麻雀をしていたという報道があるようです。

出典:Twitter

次の文春の黒川検事長と朝日新聞と産経新聞の記者が麻雀を緊急事態宣言下のもとで行っていたと報じるようです。

しかも金銭を賭けての麻雀でこれが事実なら法律違反でアウトになります。

文春ではかなりの確信があって報道するようなので検察庁や各新聞社も相当に注目しているようです。

もし事実なら今後の検察庁の人事や新聞社の威信にもかかわってくる大問題となります。

産経新聞A記者と朝日記者は誰,名前特定?

今回文春で報道されるという黒川検事長と賭け麻雀としていた朝日新聞記者と産経新聞A記者とは誰なのでしょうか。

現時点での5chなどの情報では新聞記者の名前などは特定はされていないようです。

今後の文春報道ではこの新聞記者の名前なども把握していると思われるので実名が出てくる可能性も高いと考えられます。

産経新聞A記者の名前の特定に関しては文春の販売を待つよりほかはないようです。

新聞記者の自宅住所どこ?5ch

黒川検事長は産経新聞の記者の家で賭け麻雀をしていたとされますがその自宅住所はどこなのでしょうか。

文春。黒川検事長が産経記者の自宅で接待賭け麻雀。黒川さん、早く辞職しなさい! #黒川検事長の辞職を求めます

引用:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1589943380/

ネットで検索していたらこの黒川検事長と朝日新聞並びに産経新聞の記者が賭け麻雀をしていたのは産経記者の自宅だったようです。

この産経新聞の記者の名前などが特定されていないので自宅住所なども不明のままです。

しかし、これが事実なら大スキャンダルとなり文春砲の次の報道で新聞記者の実名での報道などもあるkもしれません。

そうなれば産経新聞の記者の賭け麻雀をしていた自宅住所が特定できる可能性が高まります。

スキャンダルへのネットの反応

この賭博行為が万が一事実ならかなりのインパクトがあります。

今後の検察庁人事だけでなく新聞記者の在り方など様々な倫理面での問題が提起されることになるとのコメントもあります。

賭け金やら賭け麻雀がどうこういうなら、メディア界隈や芸能界のアコギな麻雀の方も叩いたらと思うけど

文春砲が正しいとしたら本当にあの周辺にはダメな人物しか集まってないってことになるし、なんなら賭け麻雀て違法だったかな?ってくらいにそっちを疑うレベルまで来てる

給付金10万円を賭け麻雀で溶かしちゃったんですね。

接待を問題視してるのか? 賭け麻雀を問題視してるのか? 金額の話なのか? こんなどうでもいいことで騒ぎに乗っかるのどうなのと思うけど。

朝日新聞の50代記者の氏名は

賭けマージャンに参加していた朝日新聞の記者が50代ということが報じられました。

共同通信が朝日新聞社の謝罪の文章を報じております。

黒川弘務・東京高検検事長の賭けマージャン疑惑について、朝日新聞社は20日、同社の50代男性社員が黒川氏とのマージャンに参加していたとして「不要不急の外出を控えるよう呼び掛けられた状況下でもあり、極めて不適切な行為でおわびする」とのコメントを出した。

朝日新聞社が公式に50代の記者の謝罪文を公表したということは麻雀を緊急事態宣言中に密な状態で行っていたことは事実だと認めたということです。

お金をかけていたかどうかに関してはまだ確認がとれていませんが万が一金銭をかけて賭博行為をしているようならかなり深刻な問題です。

この朝日新聞の50代の記者の名前までは発表されておりませんが次第にこの賭けマージャン疑惑の詳細が明らかになりつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です