【死因は老衰】マヤノトップガンが死去 生涯獲得賞金と馬娘のキャラクター?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

GIで合計4勝をあげたマヤノトップガンが死去いたしました。

1995年の有馬記念での勝利など印象に残る名馬でした。

90年代にはこのマヤノトップガンの他にも印象的な馬がいましたが今年に入って次々と訃報が入っております。

今回はGI4勝のマヤノトップガンについて取り上げます。

【死因は老衰】マヤノトップガンが死去

今回のマヤノトップガンの死去に関しては共同通信などがこのように伝えております。

日本中央競馬会(JRA)は5日、1995年の有馬記念などでGI4勝を挙げたマヤノトップガン(27歳牡馬)が老衰のため、けい養先の北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで3日に死去したと発表した。

 95年の菊花賞と有馬記念を連勝。この年の年度代表馬と最優秀3歳牡馬に選出された。96年に宝塚記念、97年にはGI4勝目となる天皇賞・春を勝って引退した。

通算成績は21戦8勝。

 引退後は種牡馬となり、主な産駒には重賞4勝のプリサイスマシーンなどがいる。
出典:共同通信

死因は病気などではなく老衰ということです。

病気やケガが原因で死去することも多いのですが27年間の生涯を閉じました。

21戦して8勝という成績でその中で4勝はGIだったというのは驚異的です。

1995年は菊花賞と有馬記念の二つのレースで勝ち年度代表馬にも選ばれております。

そして翌年には宝塚賞を制しさらにその翌年には天皇賞に勝利しております。

タイプの違う各レースで勝利をあげられたのはたぐいまれなる脚力や持久力そして瞬発力を備えていたからでしょう。

現役を引退後は北海道の新冠町で過ごしていたそうです。

生涯獲得賞金とウマ娘のキャラクター?

マヤノトップガンの生涯獲得賞金は8億1039万円になります。

4歳の最初のころはなかなか勝利できなくて苦労しておりましたが次第に成績を上げて後半はGIレースも勝利するように成長しました。

マヤノトップガンはウマ娘プリティダービーにでてくるキャラクターです。

アニメにもなっている人気のコミックですがマヤノトップガンはアニメには登場していないようです。

しかし、それでもキャラが確立されていたというSNSでの意見もありましたがとにかく人気のあった馬だったということがわかります。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

残念でした

名場面が思い出されます

病気などではなくて良かったと思います。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です