パクジョンウン(韓国:歌手)が死去|死因は肝硬変の病気で妻&兄の家族は?

韓国の歌手であるパクジョンウンさんが死去したとの報道が入りました。

パクジョンウンさんは年齢が56歳だったということです。

死因は肝硬変と伝えられておりますが糖尿病など様々な持病があったようです。

本日は韓国の歌手であるパクジョンウンさんの訃報に関して取り上げます。

パクジョンウンさん(韓国:歌手)が死去


画像引用:朝鮮日報日本語版

韓国の歌手であるパクジョンウンさんの死去は下記のように報道されております。

歌手パク・ジョンウンさんが17日に死去した。56歳だった。

パク・ジョンウンさんは17日、ソウル市松坡区のソウル峨山病院で死去した。肝硬変や糖尿病などで体調が悪化し、手術を受けるため入院中だった。

出典:朝鮮日報日本語版

パクジョンウンさんの死去は韓国の芸能界に大きな衝撃を与えているようです。

年齢が56歳だったということで多くの歌手などの関係者が驚きを隠せないようです。

持病として糖尿病などがあったということです。

現代の医療なら糖尿病などの持病があっても治療をしながら生活している方も多いようです。

それが56歳での死亡ということで韓国では大きな話題となっているようです。

死因は肝硬変の病気

パクジョンウンさんの死因は肝硬変でした。

肝硬変などは飲酒などの生活習慣が影響している可能性が高いようです。

遺伝的なものもあるのかもしれませんが糖尿病も患っていたということで内蔵系の疾患で苦しんでいたようです。

妻&兄の家族は?

パクジョンウンさんの妻や子供そして兄弟などに関しても関心が集まっているようです。

同姓同名のパクさんが芸能界にもたくさんいるようです。

妻や兄などの家族構成に関しては現時点では確定情報は内容です。

今後結婚など嫁や子供の情報があればこちらでも追記しようと思います。

経歴

パクジョンウンさんの今までの経歴などのプロフィールに関しても注目が集まっているようです。

 1965年生まれのパク・ジョンウンさんは子どものころ、家族と共に米国に移民した。1987年にMBC「江辺歌謡祭」に出場して強いインパクトを残した後、1989年にオ・ソクジュン、チャンピルスンと一緒に作った合同アルバム収録曲『明日が来たら』で名を知られるようになった。その後、1991年にリリースした2ndアルバム『今日のような夜なら』が空前のヒットとなり、スターになった。

社会人としてSeoulの大学にいた頃「オヌルカットゥンパミ ミョン(今日みたいな夜には)」が大ヒットしていたのを覚えています。

多くの韓国人が朴さんの訃報を悲しんでいるようです。

日本ではあまりなじみのない歌手ということですが複数の報道サイトに朴さんの死去の報道が掲載されております。

いい曲でした。ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です