【平川理恵】夫とTwitterの経歴&評判は?NPO法人パンゲア

広島県教育委員会において官製談合の疑いのあるような報道がネット上でなされております。

文春オンラインが報道しているのは平川理恵教育長とNPO法人との関係ですが本当にこのような事実はあるのでしょうか。

今回の文春砲により平川理恵教育長とNPO法人パンゲアがかなりの注目度になっているようです。

本日は広島県の平川理恵教育長の文春報道に関して取り上げます。

平川理恵教育長

広島県の平川理恵教育長とNPO法人パンゲアに関しては文春オンラインにて下記のように報道されました。

平川理恵教育長(54)が率いる広島県教育委員会と、平川氏と親密な関係にあるNPO法人との間で、官製談合防止法に違反する疑いのあるメールが交わされていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「週刊文春」が独自に入手した疑惑のメールの日付は今年5月16日。

 表題は「工業高校女子生徒によるHP作成プロジェクトについて」。送り主は県教委高校教育指導課の係長級主査。送り先は、国際的な子ども同士のつながりを促す事業を手掛ける「NPO法人パンゲア」(京都市)の代表者・森由美子氏と副理事長・高崎俊之氏だ。

メールでは「平川教育長から森様にもお伝えしていることと存じますが」と前置きしたうえで、事業の仕様書案を添付するなど詳細を説明。更に、

「実質190万円程度以内で本プロジェクトを実施する必要があります」

出典:文春オンライン

平川理恵教育長のメールには入札に関連するような文面があるとのことです。

官製談合などに本当になるのでしょうか。

広島県の今後の調査などが期待されます。

夫(旦那)は

平川理恵教育長は文春オンラインの報道によりかなりの注目度のようです。

結婚して夫や子供はいるのでしょうか。

旦那さんはいて娘さんがいるとのことです。

お子さんは中学生の時にマレーシアの学校に入り英語などを学んだということです。

かなり型破りな教育ということでも注目されました。

経歴や評判は?

平川理恵教育長の経歴や評判はネット上にたくさんあります。

平川氏は、民間から登用された教育長として、メディアでも取り上げられてきた。

「平川氏は京都市生まれで同志社大学を卒業し、リクルートに就職。留学支援の会社を起業後、教育業界へ転身し、2010年からは横浜市で民間公募の中学校長に。文科省中央教育審議会の委員も務めた」

平川氏自身、特に広島に縁はなかったが、湯﨑英彦知事から一本釣りで教育長就任を打診され、県議会の承認を受けて2018年に就任。1期3年で、昨年2期目に突入した。

引用:文春オンライン

2018年4月1日、広島県教育委員会教育長に就任[1]。平川は「広島県の公立学校において、わいせつ、セクハラは許さない」と宣言。「懲戒処分の指針」を改正し、わいせつ・セクハラに関する処分についてはより厳しい姿勢で臨む方針を打ち出した。友人でジャーナリストの白河桃子はこのことを大きく取り上げ、同年10月4日付の『ジャパンタイムズ』に「Crack down on sexual harassment in schools」と題する記事を寄稿した。

引用:wikipwdia

教育に関して熱意をもって事業をしてきた人物です。

校長の経験などもあり広島県に迎え入れられました。

成果も多く今回の官製談合の疑惑の報道にショックを受けている方もいるようです。

官製談合など絶対にないという意見の方もいるようです。

本人などの会見が今後あるのでしょうか、少なくともコメント発表が期待されるのだがなどの感想を持つ方もいるようです。

NPO法人パンゲア

平川理恵教育長とNPO法人パンゲアとの間の関係はどのようなものなのでしょうか。

実績のある信用できる企業と取引をしたいと思うのが人情でしょう。

今回の官製談合の話題はかなりの波紋を呼んでいるようです。

広島県などはどのように説明するのでしょうか、その対応が注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です