【梶栗正義】会長の経歴学歴のwikiプロフィールは?勝共連合

UPF-Japan議長・国際勝共連合会長である梶栗正義氏が文春オンラインで報道されております。

梶栗正義氏は旧統一教会のフロント組織との報道もあります。

大きな話題となった旧統一教会ですが梶栗正義氏にも関心が集まっております。

本日は文春オンラインで報道されている梶栗正義氏に関して取り上げます。

梶栗正義会長

梶栗正義氏の報道は文春オンラインで下記のように報道されました。

旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)のフロント組織UPF(天宙平和連合)主催の「神統一韓国のためのTHINK TANK 2022希望前進大会」で、安倍晋三元首相(享年67)がおこなった基調講演(ビデオメッセージ)。安倍氏は冒頭のように発言し、旧統一教会トップの韓鶴子を持ち上げて見せた。

今年4月、この「ビデオメッセージ」を見たのが山上徹也容疑者だ。

今回、筆者が入手した映像は、2021年10月17日に統一教会松濤本部・渋谷教会で行われた梶栗(かじくり)正義・UPF-Japan議長・国際勝共連合会長による日曜礼拝の説教「神のかたち」を収めたものだ。

この映像の中で梶栗氏は、ひと月前の9月12日に韓国で開かれた「希望前進大会」に安倍氏がビデオ登壇した裏側を明かしていた。

出典:文春オンライン

梶栗正義氏は勝共連合の会長ということで今回注目されているようです。

安倍元首相がビデオ出演の交渉にかかわっていたということですが本当なのでしょうか。

衝撃的な事件から時間がたってきておりますが旧統一業界と政治との関係がさらに注目されております。

経歴学歴のwikiプロフィール

梶栗正義氏の経歴はwikiにあるのでしょうか。

梶栗氏個人の情報はwikiにはないようですが国際勝共連合はページがあります。

生まれは福岡県宗像郡(宗像市)の出身で大学は芝浦工業大学に進学しました。

1969年に合同結婚式で結婚式を挙げたということです。

2010年には国際勝共連合の会長となります。

説教の冒頭、「去る9月12日の希望前進大会においてとんでもないサプライズがあった」と切り出した梶栗氏。彼は統一教会や国際勝共連合の会長を歴任した故梶栗玄太郎氏の長男で、UPF-Japan議長の他、国際勝共連合や世界平和連合の会長を兼任するエリート2世幹部だ。

エリートということですが今回の事件で大きな注目を浴びております。

勝共連合

梶栗正義氏は勝共連合の会長ということです。

共産主義との違いを明らかにするとの主張があるようですが大学などでの活動があるようです。

政治家との関係もあるようですが今後さらに明らかになってくるのかもしれません。

文春オンライン

梶栗正義氏は文春オンラインで大きく報道されました。

報道されたということでツイッターでは大きな反応があるようです。

大きな事件によりかなりの注目を浴びている旧統一教会ですが各所でも相当な注目度のようです。

批判なども大きいようですが真相はどのようなものなのでしょうか。

そもそも国民庶民は政治経済に無関心なところがあり、既得権益者は率先して政治や経済に関与したく働きかけをしている。

無関心さはマスコミや有名人等に乗せられて、日和見的な考えでしか投票しないのだろう。

※記事の修正や削除要請は下記よりお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です