【渡辺病院】美浜町:コロナワクチン虚偽記録で女性看護師は誰?

愛知県美浜町の渡辺病院で摂取したとの虚偽記録を作ったということで報道されております。

動機は新型コロナワクチンの廃棄での批判を恐れていたということですが偽造は許されないことです。

今回の渡辺病院の不祥事に関しては同情的な意見もSNSには多いようです。

大きな感染の波が広がっておりますがどのように対応すればいいのか社会の様々なレイヤーで混乱が起きているようです。

【渡辺病院】美浜町:コロナワクチン虚偽記録

美浜町の渡辺病院の新型コロナワクチンの虚偽記録に関しては下記のように報道されました。

愛知県美浜町の「渡辺病院」が、在籍する女性看護師が実際には新型コロナウイルスワクチンを接種していないのに、接種したとする虚偽の予診票を作成し、女性が住む同県常滑市に提出していたことが29日、病院と市への取材で分かった。

県は医師法などに抵触する恐れがあるとして事実確認を進めている。

病院によると、医療従事者向けのワクチン接種が始まった直後の昨年4月、薬液が漏れて1人分のワクチンを廃棄せざるを得なくなるトラブルが発生。

「貴重なワクチンを廃棄した」と批判されることを恐れ、接種予定のない女性が打ったことにした。病院の担当者は取材に「反省している」と話した。

出典:共同通信

美浜町の渡辺病院の女性看護師は一人分のワクチンを廃棄せざるを得ない状況になってしまったようです。

昨年の4月の頃はワクチンの廃棄などがあれば大きな問題となっておりました。

医師法などに違反している可能性もあるようですが穏便な対処にして欲しいなどの意見がネット上には多いようです。

女性看護師は誰か特定?

書類を偽造した女性看護師には同情論が多いようです。

看護師の女性が誰かなどの特定はするべきではないなどの声が多いようです。

一人分のワクチンということで確かに貴重ですが少量ということで寛大な対応を当局求めて欲しいなどの意見もあります。

偽造

書面の偽造などは許されない行為です。

しかし、社会からのサンクションを恐れてのやむにやまれぬ感情から行ってしまった行動のように思えるなどの意見もあります。

大きなBA5の流行が最近ありますがどうしたら新型コロナウイルスの混乱を乗り切れるのでしょうか。

ネットの反応

ネット上には美浜町の渡辺病院の女性看護師に対して同情的な意見も多いようです。

看護師からの投稿もあるようですが現場はとにかく頑張っているということです。

ワクチンの廃棄などは本来あって欲しくはないのですが完璧な摂取予測などは不可能ということのようです。

Twitterには多くの摂取記録偽造へのコメントがあるようです。

あの頃はひとり分でも破棄が出るとメディアに取り上げられて、どこも破棄による社会的制裁に恐怖していたと思う。

計画段階から当日キャンセルによる破棄は回避できないことが分かっていたし、それでもメディアが騒いでいるうちはなんとか凌ごうと、職員の家族から知人から電話をかけまくっていた。

そういう経験をしたからこそ、この人の気持ちは痛いほどよくわかる。
現場では厳しく責められたんだろうし、接種に尽力した人でもあるんだから、メディアもそっとしておいてあげればいいのに。

今回の渡辺病院の女性看護師にはめげないで欲しいなどの感想もあるようです。

社会がもっとゆとりを持ってほしいなどのコメントもあります。

現場の看護師さんたちはがんばっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です