【死因:急性胆管炎敗血症(病気)】金田正一死去 食事と息子&成績が伝説!

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

400勝投手の金田正一さんが死去いたしました。

享年86歳で国鉄や巨人の投手として400勝をあげたことでも有名です。

最多勝や最優秀防御率などをそれぞれ3度も受賞するなど伝説のピッチャーでした。

今回はそんな金田正一さんについて取り上げます。

【死因:急性胆管炎敗血症(病気)】金田正一死去

金田さんの死去についてはサンスポなどが以下のように報道しております。

国鉄(現ヤクルト)、巨人のエースとして通算400勝、4490奪三振など数々のプロ野球記録を残し、1974年にはロッテ監督として日本一に輝いた金田正一(かねだ・まさいち)氏が6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため東京都内の病院で死去した。

86歳。通夜・告別式は近親者のみで行われ、後日「お別れの会」を開く予定。
出典:サンスポ

死因は急性胆管炎からの敗血症ということです。

都内の病院に入院しておりましたが6日の未明に逝去されました。

食事と息子&成績が伝説!

食事に気を使っていたという有名な話がいくつもあります。

ロッテの監督時代には責任者としての自覚からかさらに食事についての追求がはじまります。

1回の食事時間は2時間はとっていたそうです。

さらにミネラルウォーターがほどんど日本で消費されていなかった時代にミネラルウォーターを選手に飲ませていたとのことです。

息子さんは金田賢一さんで俳優をしております。

現在58歳で成城大学を中退した後本格的に俳優となり、太陽にほえろ!や料理天国に出演をしておりました。

金田正一氏本人の成績は400勝投手がまさにトレードマークとなっており野球関係でテレビや雑誌のインタビューなどたくさんの仕事をされておりました。

本人のキャラクターも明るく面白いのでテレビ時代にちょうどマッチしていたのでしょう。

昭和の時代にはかなりの出演数だったと業界関係者が証言しております。

1988年には野球殿堂に入っており沢村賞にも3度輝くなど本当に伝説の投手でした。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

ただ1人の400勝投手。現役時代を見たことはないですが、素晴らしい成績でした。
ご冥福をお祈りします。

高すぎる壁を作られましたね。ご冥福をお祈りいたします。

戦後の球界を牽引した偉大な方ですね。
いろいろあったけれど、功績は永遠に
残ります。
自分はロッテの監督時代のイメージが
強いですが。
心よりご冥福をお祈りいたします。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です