【昴】瀬古利彦の息子が病気で死去|死因のホジキンリンパ腫とは?

瀬古利彦さんの長男の息子、昴さんが死去いたしました。

昴さんの死因はホジキンリンパ腫という病気で長年家族で戦ってきました。

享年34歳という若さで死亡した昴さんですが関係者は皆驚いているようです。

SNSでも死因のホジキンリンパ腫にあまり聞きなれないということでいろいろなコメントも書き込まれているようです。

お辛いですね、まだ34才。頑張って闘病されていたのにとても残念です。

親に取って子どもに先立たれる事が一番の苦しみ、辛さです。
でも向こうの世界では病気もなく元気に過ごしてくれるでしょう、そう思いたいです

今回は瀬古利彦さんの息子の昴さんの死去と死因となったホジキンリンパ腫に関して取り上げます。

瀬古利彦氏の息子の昴さんが病気で死去

瀬古利彦氏の息子で長男の昴さんの死去が報じられております。

読売新聞が昴さんの病気や死去に関して速報しております。

日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの長男、昴(すばる)さんが13日、ホジキンリンパ腫で死去した。34歳だった。家族が16日、発表した。

昴さんは2012年に同病を発症。今年3月には、8年を超える闘病体験を瀬古家の素顔とともにつづった「がんマラソンのトップランナー 伴走ぶっとび瀬古ファミリー!」を出版していた。

利彦氏は「自分と同じく病に苦しむ人を励まし、勇気づけようとしていた彼の姿は、親の目から見ても尊敬できるものでした。今はただゆっくり休んでほしい」との談話を出した。

出典:読売新聞

瀬古利彦氏の息子で長男の昴さんは2012年にホジキンリンパ腫を発症し治療を続けておりました。

昴さんの年齢が34歳と若く関係者は皆驚いているようです。

がんの一種のホジキンリンパ腫という名前が昴さんの死去により大きく取り上げられております。

「がんマラソンのトップランナー 伴走ぶっとび瀬古ファミリー!」を出版し治療なども世間から注目されておりました。

がんマラソンのトップランナー 伴走ぶっとび瀬古ファミリー! (文藝春秋企画出版)

新品価格
¥4,147から
(2021/4/16 14:33時点)

一体ホジキンリンパ腫とはどのようながんの病気なのでしょうか。

死因のホジキンリンパ腫とは?

昴さんの死因となったホジキンリンパ腫とはどのようながんの病気なのか分からない方も多いと思います。

ホジキンリンパ腫は、リンパ腫という血液細胞の悪性腫瘍(血液のがん)の一種です。

悪性リンパ腫は、大きく「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」の2つのタイプに大別されます。ホジキンリンパ腫は、そのうちの1つで、ほとんどがリンパ節から発生します。
首筋のリンパ節にできた痛みのないしこりに気づいて受診することが多く、また、隣り合ったリンパ節へと連続して広がりやすい特徴があります。

理由不明の発熱、体重減少、寝汗などの全身症状がみられることもあります。こうした症状を「B症状」といいます。
なお、ホジキンリンパ腫は、うつったり遺伝したりする病気ではありません。

ホジキンリンパ腫は悪性リンパ腫の一種ということです。

日本では年間2千人ほどが患者となりそれほど知られているようながんでは無いようです。

ネットの反応

瀬古利彦氏の息子さんがホジキンリンパ腫の死因で死去したということで多くの関係者が追悼の意を示しております。

一般の方では瀬古さんが長男のがんと一緒に戦い治療を懸命にしていたということを知らない方も多いようです。

出版もされているようですが病気と現在闘っている方や不調がある方は早く病院で検査をすることがいいようです。

きっと覚悟はされていたと想像しますが、我が子を若くして亡くすことの辛さは想像を遥かに超えたものでしょう。お悔やみ申し上げます。

瀬古さんは私と同い年。子供も同世代である。辛いでしょうね。テレビでのマラソン等の解説では機知に富み、ユーモア、ジョークありで楽しんで聴いておりました。お子さんが亡くなわれた辛さ、悲しさは計り知れないものかと思いますが、瀬古さんには引き続き頑張って陸上界をしっかり引っ張っていってもらいたいと思います。お子さまのご冥福を心よりお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です