香取良勝市議が盗水?学歴経歴は【浅口市】

浅口市の香取良勝市議が不正に水を取得していたという疑惑が報道されております。

岡山県で起きたこの窃盗の疑惑ですが市議という立場の人間がそのような不法行為をするのでしょうか。

香取良勝市議に関してはメーターを付けないで水道を使用していたということです。

この問題、一般住宅にもあり得るからね
地面の中の配管ってのもあるけど、ここに蛇口付けてくれ
とか、散水栓付けてくれで、メーター手前の引き込みから
分岐されてるこっとって、無いことは無いからね?

使った分は払いましょう。

香取良勝市議は善意の第三者ということになるのでしょうか。

それとも過失の程度により支払額が決まるのでしょうか。

今回は香取市議の水の窃盗疑惑の報道に関して取り上げます。

香取良勝市議の盗水報道

香取良勝市議の盗水報道はFNNが下記のように報じております。

人口3万4,000人ほどの市で起きたその事件は、水の窃盗だった。

岡山・浅口市 栗山康彦市長「水道水の盗水被害について発表いたします。このビルの登記上の所有者は、香取良勝浅口市議会議員であります」

水を盗んでいたとされるのは、市民を代表するはずの市議会議員・香取良勝市議が所有するビルだった。

市長は強い口調で怒りをあらわにした。

栗山康彦市長「(水道)メーターが付いてないというのは前代未聞で、あってはならないこと。市会議員となると、しっかりとした説明責任が果たされないといけない」

水が盗まれたのは、2005年8月から2021年9月20日までのおよそ16年にわたり、被害額はおよそ106万円になるという。

一体、どのように16年もの間、不正に水道水が使用されたのだろうか。

以前は、水道メーターを通って、第1ビルと第2ビルに水が供給されていた。

しかし、第2ビルに延びるこの配管はある時から使用されず、その代わり、水道の本管から延びた配管を通り、直接、水が供給されていたという。

つまり、メーターを通ることなく、不正に水が使われ続けていた。

出典:FNNプライムオンライン

香取良勝市議は合計で16年間もの間水の使用量を支払っていなかったということです。

上下水道の支払いの金額で気づける機会はなかったのでしょうか。

善管注意義務がどのような感じで判断されるのでしょうか。

過失の程度なども注目を浴びているようです。

学歴経歴は

香取良勝市議に関しての学歴や経歴も関心を持っている方もいるようです。

詳細なプロフィールは見ることができるのでしょうか。

浅口市に関するネット上の情報を見ても香取市議の卒業した高校や大学などの学歴は現時点ではないようです。

無所属で総務文教常任委員会、議会運営委員会では委員長を務めております。

どうしてこのような不祥事の報道が起きてしまったのでしょうか。

浅口市

香取良勝市議は浅口市の市議会議員ということです。

今回の水の窃盗の容疑ともいえるような報道は真実なのでしょうか。

財政特別委員会でも委員長の役職ということで何らかの説明責任が求められているようです。

市長が盗水被害としてコメントを出しているということで事件化なども注目されます。

ネットの反応

香取良勝市議のネット上での評判はどのようなものでしょうか。

多くのSNSでの意見は批判的なものが多いようです。

香取市議自身は善意の第三者との主張のようですが市議という立場上過失の有無なども高度なものが求められるのかもしれません。

水道料金払ってないってことでしょ、水道料金チェックしていないのか。

自宅の話ですが、息子夫婦が戻り同居して、しばらく後の検針で水漏れではないか?と言われた。家族が増えたと答えて解決。
役所も頑張ってくれている。

この報道の建物の利用者数が何人だったのか、こりゃ大変な額だね。しっかり調べて違反の罰金まで上乗せして下さい。

16年間も発覚しなかった事がびっくり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です