【山下幸久】駿台大阪校の講師がチョークで炎上の動画?

駿台大阪校の講師が授業中に生徒に切れたとして動画がSNSで話題になっているようです。

その駿台予備校の講師は山下幸久氏でツイッター動画が拡散されているようです。

反響も10代を中心に大きなものがあるようです。

山下幸久講師は授業には定評がある人気講師ですがどうしてこのような炎上のようなことになってしまったのでしょうか。

今回は駿台大阪校の山下幸久講師の炎上動画に関しての話題となります。

【山下幸久】駿台大阪校

山下幸久講師は駿台大阪校などの講師ということです。

駿台は東大合格者を多数出すなど昔から予備校として評判が良かったのですが今回は炎上動画の流出ということになったようです。

授業中にイヤホンをしながら居眠りをしていた生徒がいたということで切れたということです。

授業中に寝てしまうということでその生徒にも問題があるように感じている方もいるようです。

駿台大阪校の山下幸久講師の動画を見ても愛の無知なのではなどの意見を持つ方もいるようです。

確かに生徒の将来がどうでもいいと思っているようなら寝たままにさせておくのかもしれません。

講師がチョークで炎上の動画?

山下幸久講師の授業中の炎上動画はTwitter上に現在もあります。

かなり激しい口調で生徒に、「いやなら出て行けよ」などと言ってチョークを投げたりしています。

予備校ではこのような授業は現代では珍しいのかもしれません。

そのためTwitterなどでは山下氏のチョークの炎上動画が話題になっているようです。

評判

山下幸久講師の評判はどのようなものなのでしょうか。

化学の予備校講師ということですが駿台の関西の各校で押しています。

授業の評判は解りやすいとの定評があり駿台でも人気講師のようです。

生徒を思うがゆえに今回のチョークの動画のようなことになってしまったとの指摘もあるようです。

ネットの反応

山下幸久講師への反応は驚いている人が多いようです。

10代、20代にはこのようなチョークの投げつけや発言があればハラスメントなのではと感じる方もいるようです。

山下氏の言動にショックを受けている方もいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です