東名あおり運転デマ投稿の男性が死去|死因(原因)は?

東名あおり運転デマ投稿の男性が死去したことが判明いたしました。

このデマ投稿をした男性は強制起訴されていた状態だということです。

東名あおり運転に関して事実と異なったことを書き込み拡散したということで話題となりました。

Twitterなどでも今回の東名あおり運転のデマ投稿者の死去は大きな注目を浴びているようです。

とてもつらく、とても考えるところの多い出来事です。

自業自得とはいえ

本日は、東名あおり運転デマ投稿をした66歳の男性に関しての話題です。

東名あおり運転デマ投稿の男性が死去|

東名あおり運転デマ投稿をしてしまった66歳の男性に関しては毎日新聞が下記のように報じております。

神奈川県の東名高速道路で2017年にあおり運転を受けた夫婦が死亡した事故を巡り、無関係の会社をインターネット上で中傷したとして小倉検察審査会から「起訴議決」を受け、名誉毀損(きそん)罪で強制起訴された無職男性(66)=福岡県春日市=が今月死去していたことが関係者への取材で判明した。

起訴状などによると、男性は17年10月、あおり運転をした男性被告(29)の逮捕後、社名に被告と同じ姓が含まれた北九州市八幡西区の建設会社について、被告の勤務先であるかのような書き込みをネットの掲示板に投稿し、名誉を傷つけたとされる。

建設会社の経営者の告訴を受け、福岡県警は18年6月、11人を名誉毀損容疑で福岡地検小倉支部に書類送検。全員不起訴とされたが、小倉検察審査会は死去した1人と謝罪した1人を除く9人を「起訴相当」と議決。

再捜査した地検小倉支部はうち1人を起訴、5人を略式起訴した。3人は示談や和解が成立しているなどとして再び不起訴となったが、審査会は20年7月、3人のうち「和解はあくまで民事上の処分」などとして、死去したとみられる男性を「起訴議決」とした。

出典:毎日新聞

東名高速でのあおり運転に関してデマ投稿をした男性の死去は関係者に大きな衝撃を与えているようです。

あおり運転をした男性と同じ苗字の入った名前の北九州市の建設会社に関して勤務先のようなことを書き込んだということです。

この北九州市の建設会社の告訴により書類送検が為されておりました。

なぜこのような事になってしまったのでしょうか。

死因(原因)は?

東名あおり運転のデマ投稿をしてしまった男性の死因は何だったのでしょうか。

その原因は誹謗中傷だったのではなどの情報がネット上にあります。

しかし、死因の本当の要因に関してはわかっておりません。

Twitterなどには精神的にまいってしまったのではなどの意見があります。

誹謗中傷

東名あおり運転におけるデマ投稿の男性は誹謗中傷にあっていたようなことがSNSにはあります。

有名人でもない一人の男性がいきなり多くの人からの中傷にさらされてしまったということです。

近年では誹謗中傷による芸能人のかなしい出来事も目立ちますがこのような事がなぜ無くならないのでしょうか。

ネットの反応

ネット上では東名あおり運転デマ投稿の男性の訃報に多くのコメントがされているようです。

検索大手の上位キーワードにもこの「東名あおり運転デマ投稿」という単語が本日出てきています。

あおり運転に関しての事件も報じられておりますが安心な日本にいつなるのでしょうか。

よく読むとよく分からなくなる謎の記事

「正義」が空回りしてしまった。 亡くなられた事にお悔やみ申しあげます。

他愛ない物だとしても世界中に見られている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です