【死因:すい臓がん?(病気)】井筒親方=元関脇逆鉾が死去 怪我と妻や娘はハーフ?

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

元関脇逆鉾の井筒親方が死去いたしました。

都内の病院で息を引き取ったということですが享年58歳という若すぎる死去でした。

体調を秋場所前から崩していたということです。

今回は大相撲で活躍した井筒親方について取り上げます。

すい臓がんの病気?井筒親方=元関脇逆鉾が死去

今回の元関脇の逆鉾である井筒親方の死去を日刊スポーツなどは以下のように報じております。

大相撲の元関脇逆鉾の井筒親方(本名・福薗好昭=ふくぞの・よしあき)が16日、都内の病院で死去した。58歳だった。秋場所前から体調を崩し、本場所を休場して入院。16日夜に容体が悪くなった。関係者によると、膵臓(すいぞう)がんとみられる。

井筒部屋と同じ時津風一門のある親方は「場所前から調子が悪いと聞いていた。それにしても急な話でびっくりしています。信じられません」と話した。
出典:日刊スポーツ

死因は膵臓(すいぞう)がんと見られております。

膵臓がんは予後があまり良くなく5年後生存率の生存曲線でもいいとは言えません。

手術も困難なことも多く今回の井筒親方もがんの闘病には苦戦していたと思われます。

抗がん剤なども現在は色々ありますが膵臓がんはなかなか結果が厳しい鋳物があるようです。

怪我と妻や娘はハーフ?

1989年に安芸ノ島戦で左上腕部の二頭筋断裂の怪我を負ってしまい利き腕を故障してしまいました。

このことも要因の一つとなって成績も上がらなくなってしまったようです。

寺尾関はハーフのような顔立ちでイケメンという意見がSNS上でもあるように外国人のような顔立ちです。

しかし、逆鉾ぜきは純日本風の顔立ちです。

奥様との間に宝塚に入学した娘さんがいます。

天咲千華さんといって今も芸能やヨガで活躍されております。

まだ58歳という若さで死去した井筒親方ですが、部屋の規模は大きくなく現在は総勢5人となっております。

しかし、いままで横綱の鶴竜を育てるなど指導には定評があり今回の死去は角界に衝撃を与えております。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

本当に早すぎる死です。

残念でした・・・

鶴竜を育てたのはすごい

指導力には定評があった

昔はやんちゃみたいだったけど

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です