湘南サニーサイドマリーナの羽柴宏昭社長の学歴や経歴は?新潮

デイリー新潮が小泉進次郎環境大臣の後援者が土砂を海洋投棄しているとの報道をしております。

横須賀市の大楠漁協における消波堤兼漁礁を設置する工事も絡み事態は様々な方向へ問題が拡散しているようです。

そして土砂を拡散させながら投機していたという今回の報道で批判が高まりそうな雰囲気です。

SNSでも今回の土砂の海洋投棄に非難の声もありますが実態がまだよく見えません。

レジ袋の有料化でプラスチックゴミ減りましたか?

灯台下暗しで済ませてはならない。

本日は小泉進次郎環境大臣の支援者の湘南サニーサイドマリーナ株式会社などに関しての話題です。

湘南サニーサイドマリーナ|新潮

舞台となっているのは、進次郎氏の地元・神奈川県横須賀市にある大楠漁協。

2019年8月、大楠漁協が管理する芦名漁港付近で波を防ぐための消波堤兼漁礁を設置する工事が漁協主体で始まった。工事箇所は岸から70メートルほどの場所。作業船が入るには水深が浅いため、海底の浚渫(しゅんせつ)、すなわち土砂を取り除く作業が行われたのだ。

「この消波堤は台風時の高波で救急車などの緊急車両が沿岸道路を走れなくなる事態を避けるため、という名目で造られたはずでした。ところが、今年3月に消波堤の整備が完了した後も、なぜか浚渫作業が続きました。結果的に予定していた10万立方メートルを超える30万立方メートルもの土砂が浚渫されたと見られています」

「以前から浚渫した土砂を沖合の海域に船を走らせながら投棄していたことがわかりました。当初は土砂を横須賀市内の処分場で処理するはずだったのに、このことで漁場に土砂が拡散し、魚が獲れなくなるなどの被害が出ているのです」

出典:https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12250556/?all=1

小泉進次郎氏は環境大臣ですがそのおひざ元でこのような疑惑が報じられております。

その小泉大臣の支援者の湘南サニーサイドマリーナ株式会社が新潮の報道で出てきておりネット上でも話題となっているようです。

この湘南サニーサイドマリーナ社とはどのような会社で代表の社長はどのような方なのでしょうか。

SNSでも様々な議論がこの湘南サニーサイドマリーナ株式会社に対して行われているようです。

羽柴宏昭社長の学歴や経歴

湘南サニーサイドマリーナ株式会社の代表は羽柴宏昭社長ということです。


引用:https://www.sunnyside.co.jp/about/aboutus.html

小泉進次郎環境大臣の支援者ということです。

その羽柴宏昭代表の学歴や経歴に関しての情報は現在ネット上にはほとんどないようです。

今回のデイリー新潮の報道で羽柴宏昭社長への関心が高まっており掲示板などから出身大学などの学歴や経歴などのプロフィール関係の情報が出てくる可能性もあります。

小泉進次郎

小泉進次郎氏の地元は神奈川県横須賀市ですがその支援者が土砂を投棄していると報じられております。

このサニー社の代表は進次郎氏の熱心な支援者として知られ、本社には大臣のポスターが堂々張られている。

 

「どうやら、サニー社がバースを作り、大型ヨットを係留できるようにするのがこの工事の本当の目的だったのです。消波堤を造ることでヨットハーバー付近を波のない静かな海にし、かつ土砂の浚渫で水深を深くして、ヨットが航行できるようにしたわけです」

大楠漁協の組合長はサニー社の関連会社の代表でもあり、両者は一体化している。すなわち、大楠漁協を隠れ蓑に、サニー社が自社を利する工事を主導したと考えられるのだ。

この報道が真実なら問題が広がりそうです。

環境省や国土交通省の説明も今後求められることになりそうです。

ネットの反応

Twitterなどではこの湘南サニーサイドマリーナ株式会社や小泉環境大臣への批判の言葉もあるようです。

真相はまだよくわかっておりませんが今後続報などで明らかになることでしょう。

デイリー新潮の湘南サニーサイドマリーナ関係の記事にも注目が集まります。

事実なら大問題。

国土交通省(海上保安部含) 環境省 が総力で調査して、顛末を公表しなければならない。

地元って言うけど、横須賀はどんどん人が減り、企業は撤退、店舗もなくなりシャッター通りばかりで、先生何かしてるのか?

中身がびっくりする程無い。

此の記事の内容の様な疑惑の土砂をばら撒く様な報道はせずもっと事実関係を精査してから報道した方が良い、一方的に小泉氏が悪い様な物言いだが、此方の方の取材はしたのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です