キングフォンが死去!死因と原因は?

アメリカのラッパーのキングフォンさんが死去しました。

26歳という年齢での訃報に多くの関係者が衝撃を受けているようです。

アメリカの社会の問題のひずみなどを指摘するツイートもあるようです。

アメリカのラッパーは本当に命懸けで
危ないイメージしか無い。

日本は悪ぶって、口喧嘩するだけで終わる
平和な世界

アメリカのラッパーの壮絶さを感じさせるような件ですが、今回はキングフォンさんの死去に関して取り上げます。

キングフォンが死去

アメリカのラッパーのキングフォンさんの死去はRolling Stone Japanが下記のように報道しております。

現地時間6日早朝、ラッパーのキング・フォンが米アトランタのナイトクラブの店外で発生した別グループとの争いに巻き込まれた。26歳だった。

アトランタ警察はローリングストーン誌に、事件は午前3時20分頃、フォンと彼の仲間と2人の男性グループの間で口論が勃発したと伝えている。

フォンの死を受けて、すぐに彼の仲間やヒップホップコミュニティの支持者たちから追悼の意が示された。フォンと同じくシカゴ出身のラッパー、チャンス・ザ・ラッパーはTwitterにこう綴っている。

「今年はとてもタフな年だったよ。RIP Von、彼と彼の家族に神のご加護がありますように」。その他、YG、Desiigner、Cordaeも追悼文を投稿している。

フォンはシカゴのMC、リル・ダルクの幼なじみで、2018年にデビューシングル「Crazy Story」をリリースした。

出典:Rolling Stone Japan

アメリカでの有名なラッパーの死去は日本でも報じられております。

アトランタのナイトクラブでの出来事で多くの関係者が衝撃を受けているとのことです。

享年26歳というあまりにも早すぎる死去でファンも悲しんでいるようです。

なぜこのような事がアメリカでは連続で起きるのでしょうか。

死因と原因は?

キングフォンさんの死因は何だったのでしょうか。

ケガが直接的な死因となったようです。

その原因としてはナイトクラブでの口論があったとのことです。

日本ではありえない出来事ということでSNSにもアメリカ社会の闇などを書いている投稿もあります。

代表作

キングフォンさんの代表作として「Grandson Vol.1」があります。

さらに「Levon James」もチャートに入りラッパーとしてこれから活躍が期待されるアーティストでした。

ネットの反応

アメリカの有名ラッパーの死去ということで日本でも多くのコメントが書かれております。

キングフォンさんの死去はアメリカの深層社会の闇があるような気がするなどのコメントもあります。

全米ライフル協会は
身を守るために銃が必要と言うが、
馬鹿の論法にしか見えない。

何が開拓時代の誇りだ?自分の身は自分で守る?

日本と違って、アメリカのラッパーはガチで

昔パンクの連中が出て来た時ヤバい奴らだと思ったけど、ラッパーの方がもっとリアルにヤバい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です