立川らく朝が死去|死因の病気と本名は?

落語家の立川らく朝さんが死去いたしました。

享年67歳ということですが健康落語などで人気があった落語家の60代での訃報で驚いている方も多いようです。

医師になってから落語家を目指した異色の経歴ですが独自の切り口で新作落語に人気がありました。

立川らく朝さんの訃報は多くの落語ファンもショックを受けているようです。

今回は立川らく朝さんの死去に関しての話題です。

立川らく朝が死去

立川らく朝さんの死去はスポニチが下記のように報道しております。

 落語家の立川らく朝さんが2日、死去したことがわかった。67歳。

21年2月から療養していたという。葬儀は故人と家族の意向により、近親者のみで既に執り行われた。

 「これまでご支援いただきましたファンの皆様、関係者の皆様には、生前に賜りましたご厚誼に深く感謝し、謹んでご報告申し上げるとともに、故人のご冥福をお祈りいたします」と報告されている。

らく朝さんは医師として活躍した後、46歳で立川志らくに入門、プロの落語家として活動を開始。15年10月に真打に昇進した。

出典:スポニチアネックス

立川らく朝さんの死去は多くの落語ファンを驚かせているようです。

杏林大学医学部を卒業し医師国家試験を突破し慶応大学で意思として活躍しておりました。

40代で落語家になるという決定をしそれを実現したということで尊敬を集めていました。

死因の病気

立川らく朝さんの死因となった病気は何だったのでしょうか。

死亡した原因に関しては現在のところ公表されていないようです。

今年の2月から療養していたということで何らかの病気に罹患していたようです。

その病名は公開されていないということですが新型コロナが死因ではないということです。

本名は

立川らく朝さんの本名に関しても関心が集まっているようです。

本名は「福澤恒利」ふくざわ つねとしさんです。

慶応大学に勤務していたということですが福沢諭吉と同じ苗字ということで一部のファンには知られたことだったようです。

ネットの反応

立川らく朝さんの死因が公開されていないということで色々なことを考える方もいるようです。

持病があったようでその闘病の末の訃報ということです。

60代での訃報は現代ではあまりにも早いです。

落語ファンの多くが立川さんの死去を悲しんでおります。

残念です

コロナ稼の中、悔しい思いで、旅立たれたのだろう。

画像引用:YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です