【死因は病気,持病で体調は?】岡田繁幸が死去|息子(次男)は誰

マイネル軍団総帥の岡田繁幸さんが死去されました。

享年71歳での永眠となりましたが本日19日が誕生日だったということです。

岡田繁幸さんの訃報は多くの競馬関係者の方に衝撃を与えているようです。

まだ70代前半での死亡は現代の日本では早すぎる訃報と言えます。

今回は岡田繁幸さんの死去に関しての話題となります。

岡田繁幸が死去で体調は

マイネル軍団の岡田繁幸さんの死去は日刊スポーツなどスポーツ紙が中心に報道しております。

「マイネル軍団」の総帥・岡田繁幸氏が19日朝に亡くなったことが分かった。この日が71歳の誕生日だった。死因は不明。

https://www.nikkansports.com/

岡田繁幸さんの死去は大きく報道されております。

自分自身の誕生日での訃報に親族だけでなく競馬に関係する人たち皆が驚いているようです。

近年はあまり体調が良くなかったようですが何が原因での訃報となってしまったのでしょうか。

死因は病気,持病?

岡田繁幸さんの死因に関してはメディアでも原因不明ということです。

近年は腸の具合が悪く原因不明の下痢の症状などに悩まされていた。今年の2月11日に北海道新冠町のビッグレッドファームで行われた種牡馬展示会には出席。糖質制限などをして一時期よりは体調が戻ってきていると話していたという。

上記のように直接の死因に関しては不明ですが何らかの病気だったのではとの憶測があります。

糖質制限をしてからは体調が良くなったということですのでもしかすると糖尿病のような持病を患っていたのかもしれません。

何らかの合併症なども引き起こす可能性もありそのような病気が死因となったのではと推測するような方もいるようです。

息子(次男)は誰

岡田繁幸さん息子の次男は何をやっている人物なのでしょうか。

そして誰なのでしょうか。

岡田繁幸さんの息子で長男の方は、紘和さんです。

紘和さんは株式会社サラブレッドクラブラフィアンの代表を務めている人物です。

馬主登録もしておりやはり競馬と関係している方のようです。

次男は牧雄さんで岡田スタッド、ノルマンディーファームなどの代表ということで息子さんたちも競馬に携わるお仕事をされているとのことです。

ネットの反応

ネット上では岡田氏の訃報に驚いているようなコメントも多いようです。

日本競馬界の重鎮が死去したということで多くの方が悲しみのコメントを投稿しております。

死因が明かされておりませんがいずれ死亡した病気や原因なども公開されるでしょう。

大きな功績を残した人物の死去で競馬界は騒然としているようです。

牧場見学行くとラフィアンのスタッフはホントに気持ち良く挨拶してくれるし、馬のことも丁寧に説明してくれる。総帥は馬だけでなく人もしっかり育てた。総帥が亡くなっても総帥の夢はまだまだ続く。ご冥福をお祈りします。

GIでの独特の解説が忘れられません。
日本競馬会の巨星が落ちました。
巨大な社台グループに、独自の相馬眼で立ち向かっていった世界に誇れるホースマンでした。
ご冥福をお祈りいたします。

今でこそ一口馬主は競馬の楽しみ方の一つとして定着してきましたが、岡田さんのマイネルがその草分けでしたね。
安い血統の馬でも配合と個体を見る相馬眼でクラブから活躍馬を数多輩出しました。
また競馬番組に出演されてはパドックで馬体の特徴を鋭く解説してくれる独特の予想が冴えていましたよね。
まだまだ馬産界の重鎮としてご活躍していただきたかった。ご冥福をお祈りいたします。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です