時短要請に応じない店はどこで店名は?東京都

東京都が時短要請に応じない店舗に命令を出しました。

20時までの営業時間の要請に応じていなかった店舗ですが合計で30店舗以上のお店に命令が下されました。

これでも時短要請に従わない場合は30万円以下の過料が科させることになります。

時短要請に応じない5店舗

時短要請に応じない店舗があるとして該当する店舗に命令を出しました。

読売新聞では下記のように報道されております。

東京都は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令されている都内で営業時間短縮の要請に応じていない複数の飲食店に対し、時短営業を命令する調整に入った。すでに対象店舗に事前通知の文書を出しており、到着後の営業実態を最終確認した上で、早ければ18日にも命令に踏み切る。

。すでに対象店舗に事前通知の文書を出しており、到着後の営業実態を最終確認した上で、早ければ18日にも命令に踏み切る。

 時短営業などの要請に応じない店舗への命令は、2月に施行の改正新型インフルエンザ対策特別措置法で可能になった。

緊急事態宣言下の措置を規定した45条に盛り込まれている。命令に従わなければ、過料を科すこともできる。内閣官房によると、これまで命令を出した自治体はなく、都が全国初になるとみられる。

出典:読売新聞

東京都は20時以降も営業を継続している飲食店やカラオケ店に時短営業をするように命令することになりました。

2020年2月に特別措置法で法律が変わりこの種の命令などができるようになりました。

時短要請に従うと当然売り上げが減りますが店舗の経営が立ち行かなくなる可能性もあります。

113店店舗に3月上旬までに要請を出したようですがそれにも従わない店舗に命令を出すとのことです。

過料が科されますが時短要請には従わないのでしょうか。

ネット上では賛否両論がたくさんあります。

時短要請に応じない店は東京のどこ

時短要請に従わない飲食店やカラオケ店とはどこにあるのでしょうか。

その多くは夜に売り上げが伸びる業種で東京の繁華街にあるようです。

新宿区や豊島区、渋谷区、港区など多くの人が行きかい居酒屋やレストランなどお酒をメインに出すような店舗のようです。

山手線の沿線だけでなく東京には八王子や立川などでの飲食店はたくさんあります。

店名は

今回の東京都の時短要請に従わない飲食店やカラオケ店の店名は判明しているのでしょうか。

店舗名まではまだ公表されていないようです。

しかし、メディアに出ていたGグループなどが時短要請に従ってはいなく今回の命令の対象なのではというような観測もあります。

今後30万円の過料が科されてば店名も公開される可能性はありそうです。

ネットの反応

ネット上ではGという店舗名が噂になっております。

まだ実際に過料が科されたわけではないので迂闊な推測は辞めたほうがいいでしょう。

大手の飲食店やカラオケグループなどのハナシもありますがまだ公式には発表されてはいないようです。

協力金だけでは結局店も潰れ生活破綻の為に仕方なく営業するしかないというのは正当な理由にならないんだろうか?飲食店だけ保障されてるというが仕入れが生鮮品で人件費、営業経費が絶対他業種よりかかるしターゲットに名指しされてるので風評被害から逃れられない上に一度客が離れたら取戻しが難しい業種だと思う。店が潰れても改装費用は請求されます。

27店って、これ調べてないでしょ。
目立つ飲食店だけ狙い撃ちしたよね。

わかりました。

今後も出来るだけグローバルダイニングを
利用したいと思います。

そもそも緊急事態宣言に正当な理由が無いじゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です