【死因は病気?】佐藤雅美(直木賞作家)が死去 学歴と文学賞受賞歴&代表作

こんにちは!Spread Box編集部の日比谷です。

直木賞作家の佐藤雅美さんが78歳で亡くなったことが判明いたしました。

兵庫県の出身で平成6年に直木賞を受賞しております。

今年に入って体調を崩し静岡県の伊東市内の自宅で7月29日に死去したということです。

死因は病気?佐藤雅美(直木賞作家)が死去

今回の訃報についてNHKニュースなどではこちらのように報道しております。

時代小説を中心に多くの作品を発表した直木賞作家の佐藤雅美さんが、7月、静岡県内の自宅で亡くなりました。78歳でした。

講談社によりますと、佐藤さんは晩年も創作活動を続けていましたが、体調を崩して療養し、ことし7月29日に静岡県伊東市の自宅で亡くなったということです。

出典:NHKニュース

NHKのニュースでも死因には触れられておりません。

毎日新聞のツイッターの情報でも死因には言及しておりません。

すでに葬儀は近親者のみで執り行われており、偲ぶ会などのセレモニー的なことは予定されていないそうです。

しかし、78歳という年齢から推測すると何らかの治療困難な病気で療養していたと考えられます。

病名等が判明いたしましたらこちらでも追記していくつもりです。

学歴と文学賞受賞歴&代表作

佐藤雅美さんは1941年に兵庫県で生まれました。

大学は早稲田大学法学部を卒業しております。

1985年、44歳の時に「大君の通貨」で新田次郎賞を受賞しております。

そしてそれから10年間の執筆活動を経てついに1994年に「恵比寿屋喜兵衛手控え」において第110回の直木賞を受賞いたしました。

こちらの受賞から著者の知名度も飛躍的に高まりシリーズものもたくさん書店に並ぶようになったそうです。

主なシリーズものに「縮尻鏡三郎」シリーズや「半次捕物控」シリーズ、「町医北村宗哲」シリーズさらに「物書同心居眠り紋蔵」シリーズなどがあり、さらに「侍の本分」なども執筆されております。

時代物の固定ファンをつかんだ直木賞作家だったと言えるでしょう。


江戸時代など時代小説の第一人者として名をはせた佐藤さんですが近年でもキンドルなど講談社の文庫本ではかなりの販売数があったようです。

晩年も意欲的に創作活動をしていましたが体調不良からペンを持てない日々が続いていたと思われます。

ネットの反応

今回の出来事を受けて世の中はどのように反応しているのでしょうか?

SNSなどのコメント欄に書かれたユーザーの意見を抜粋したいと思います。

ファンだったのに残念です。

晩年まで意欲的に創作活動されていました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

最後までご覧いただいてありがとうございました。
こちらのブログでは皆様の関心のある話題を事実に基づいて提供していきたいと思います。
おもしろかったと思われた方はブックマークやシェアボタンをクリックしていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です