マリウスザリウカスが死去!死因は筋萎縮性側索硬化症のニューロン疾患の病気

サッカー選手のマリウスザリウカスさんが死去したとの報道が入ってきました。

マリウスさんは年齢が36歳ということでその死亡には世界の作家^選手が衝撃を受けているようです。

元リトアニアの代表選手ということでスコティッシュカップでの優勝も経験しております。

今回は元リトアニアの代表選手のマリウスザリウカスさんの死去に関しての話題です。

マリウスザリウカスが死去

マリウスザリウカスさんの死去は超WORLDサッカー!が下記のように報道しております。

元リトアニア代表DFマリウス・ザリウカスが36歳で死去した。イギリス『BBC』が報じている。

現役時代はハーツやリーズ・ユナイテッド、レンジャーズでプレーしたザリウカス。2006年から2013年に在籍したハーツでは200試合近く出場し、2012年にはスコティッシュカップを制覇している。

リトアニア代表としても25キャップを数え、母国のジャルギリスを最後に2016年にサッカーから身を引いていた。

ザリウカスの訃報はリトアニアサッカー連盟(LFF)から伝えられ、「我々はマリウスの家族に心から追悼の意を評します」と声明。

出典:超WORLDサッカー!

マリウスザリウカスさんの死去はリトアニアだけでなくヨーロッパで大きく報じられているようです。

享年36歳ということでマリウスさんのあまりにも早すぎる死去に追悼の書き込みなども相当数あるようです。

30代での死亡ということですがどのような病気だったのでしょうか。

死因は筋萎縮性側索硬化症

マリウスザリウカスの死因は筋萎縮性側索硬化症ということです。

ニューロン疾患の病気で治療が困難を極めたようです。

筋萎縮性側索硬化症は筋肉が次第になくなり生活が困難になっていく病気です。

手足だけでなく呼吸に必要な筋肉にも影響し人工呼吸器をつける場合も多いということです。

ニューロン疾患の病気

マリウスザリウカスさんの死因となった筋萎縮性側索硬化症はニューロン疾患の病気ということです。

ニューロン疾患とはどのような事なのでしょうか。

運動ニューロン病とは、これらの運動神経細胞がゆっくりと変性していく病気の総称で、上・下位ともにやられるもの(筋萎縮性側索硬化症;ALS)、下位だけ(脊髄性筋萎縮性など)、上位だけ(原発性側索硬化症)がやられるものがあります。 症状は筋萎縮と筋力低下が主体であり、構音障害、嚥下障害、呼吸障害などが生じます。

引用:https://takuma.clinic/motor_neuron#:~:text=%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E7%97%85%E3%81%A8%E3%81%AF,%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%8C%E7%94%9F%E3%81%98%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

運動神経細胞が次第に変性していき筋力が低下していく病気ということです。

ネットの反応

マリウスザリウカスさんの死去は欧州を中心に衝撃を与えているようです。

日本ではほとんどなじみのない選手ですが30代でのサッカー選手の死去にファンは驚いいるようです。

選手は知らんが36歳は若すぎるやろ

なんだか悲しい

ホーキンスもこの病気だった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です