ジェームズレッドフォードが死去!死因は胆管がんの病気|代表作は?

ロバートレッドフォードさんの息子のジェームズレッドフォードさんが死去した報が入ってきました。

ジェームズさんは58歳という年齢での死去ということでアメリカの映画関係者だけでなく世界中のの業界人は驚きを隠せないようです。

今回はジェームズレッドフォードさんの死去に関して取り上げます。

ジェームズレッドフォードが死去

ロバートレッドフォードさんの息子のジェームズレッドフォードさんの死去は女性自身が下記のように報道しております。

俳優ロバート・レッドフォード(84)の息子で映画プロデューサー・監督のジェイムズ・レッドフォードが17日、58歳で亡くなった。妻カイルがTwitterで報告している。

「ジェイミーが今日、亡くなりました。私たちは皆、打ちのめされています。彼は美しく、インパクトのある人生を送り、多くの人に愛されていました。彼の妻としての32年間、一緒に育てた2人の素晴らしい子どもたちに心から感謝しています」

父ロバートは代理人のシンディ・ベルガーを通じ、PEOPLEに「この困難な時期に際し、家族と共に喪に服しています。プライバシーの尊重をお願いしたい」とコメント。

出典:女性自身

世界的な俳優のロバートレッドフォードさんの息子が死去したということで速報が世界中を流れております。

死亡したジェームズレッドフォードさんも父親と同じくアメリカの芸能界に入り監督やプロデューサーとして活躍しておりました。

死因は胆管がんの病気

ジェームズレッドフォードさんの死因に関しては胆管がんの病気だったということです。

カイルが地元紙「The Salt Lake Tribune」に語ったところによると、ジェイムズはここ数年肝臓病を患い、移植を待っていたが、昨年11月に胆管がんが見つかったという。

肝臓をもともと患っており持病があったようです。

その後胆管がんが見つかり治療を期待しておりましたが50代での死去ということになりました。

まだまだジェームズさんの活躍が期待されていただけに本当に残念だとのコメントも多いようです。

代表作は?

ジェームズレッドフォードさんは監督や映画プロデューサーとして活動しておりました。

有名俳優を起用した話題作もあり今後も活躍が期待されていただけに今回の訃報は本当に残念です。

’03年、『Spin』で監督デビュー。

主にドキュメンタリー作品の監督、プロデュースを行っていた

トム・ハンクスが出演した『California Typewriter』(16年)では、エグゼクティブ・プロデューサーを務めた。

胆管がんでの病気により死去したジェームズさんですが家族の悲しみが伝わってくるようなファミリーからのコメントが神妙な気持ちにさせます。

ネットの反応

まだ50代なのに…

ロバートも悲しいやろな

まだ活躍できる年齢なのに本当に残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です