佐竹隆幸教授が死去|死因は何の病気?出身大学の学歴は

関西学院大学大学院の佐竹隆幸教授が死去したとの報道が流れました。

佐竹教授は年齢が59歳ということで関学大の関係者に衝撃がはしっているようです。

還暦前での死亡の報道ということで驚いている方も多いようです。

関西のテレビ番組に出演し顔や名前を知っている方も多いかと思います。

今回は佐竹隆幸教授の死去は死因に関して取り上げます。

佐竹隆幸教授が死去

関西学院大学大学院の佐竹隆幸教授の死去はサンテレビが下記のように報道しております。

病気療養中だった関西学院大学大学院の佐竹隆幸教授が9月23日、亡くなりました。
59歳でした。

佐竹隆幸さんは大阪府出身の経営学者で関西学院大学大学院経営戦略研究科の教授のほか、兵庫県立大学の名誉教授でした。

中小企業経営や地域振興などの研究に従事し、経営学の専門家として、サンテレビの数々の番組に出演しコメンテーターを務めていましたが、病気の療養のため2020年2月を最後に出演を見合わせていました。

https://sun-tv.co.jp/

関学大の大学院の教授だった佐竹隆幸氏の死去は50代ということもあり驚いている関係者が多いようです。

病気療養のために今年に入ってからはテレビ出演なども控えて治療をしていたということです。

コロナ禍での佐竹氏の動静はほとんど聞こえては来ませんでした。

多くの方が急な訃報ということでショックを受けているようです。

死因は何の病気?

佐竹隆幸教授は病気療養のため活動を抑えておりました。

死因となった病気とは何だったのでしょうか。

この佐竹教授の死因に関しては未だに報道になく明らかにされていないようです。

何らかの難病だったのではなどの推測がSNSにありますが病名などはまだ未確認ということです。

出身大学の学歴は

佐竹隆幸教授の出身の大学などの学歴はどのようなものだったのでしょうか。

佐竹氏は関西学院中学に入学しております。

その後そのまま関西学院大学にすすみ、大学や大学院も関西学院で研究しております。

まさに関西学院大学を知り尽くした教授と言えるでしょう。

ネットの反応

関西学院大学大学院の佐竹隆幸教授の死去は大きな反響があるようです。

年齢がやはり59歳ということで現代ではあまりにも佐竹氏の死亡は早すぎるとの意見が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です