桑名市総合医療センターのパワハラ(暴言)歯科口腔外科部長(50)は誰で名前は

三重県桑名市の医療センターで50代の男性外科部長がパワハラをしたとして懲戒処分となりました。

約1年半の期間にわたり歯科衛生士4人に対してパワーハラスメントをしたとのことです。

暴言などが続き歯科衛生士は精神的苦痛を受けたとしております。

「こんなこともできないのか」が暴言に該当するとは知らんかった。
はっきり言って、わが社の管理職、全員懲戒処分該当です。

ミスは誰でもあるからね。ただ歯科で口の中だから取り返しつかなく
なる事もあるから。

言い方だよね。

言い方が問題だということですがこの口腔外科部長の暴言によるパワハラに関しては様々な意見があるようです。

桑名市総合医療センターのパワハラ

三重県桑名市総合医療センターの暴言などによるパワハラに関しては下記のように報道されております。

三重県桑名市総合医療センターは25日、部下にパワーハラスメントを繰り返したとして、歯科口腔(こうくう)外科の部長の50歳代男性医師を減給10分の1(3か月)の懲戒処分とした。

発表では、男性医師は昨春から約1年半にわたり、部下の歯科衛生士4人に対し、ミスをした際に暴言を吐き、精神的な苦痛を与えたなどとしている。

男性医師は2014年1月から勤務。この間、複数の歯科衛生士が退職しており、同センターは、4人以外へのパワハラ行為があった可能性もあるとした。

出典:読売新聞

報道では50代の口腔外科部長の男性は約1年半の間に歯科衛生士に対して暴言を吐くなどしていたということです。

現代では厳しい指導ということで暴言を吐くなどするとパワハラとなります。

50代の部長ということで現代のコンプライアンスに対応できていなかった可能性もあります。

暴言の歯科口腔外科部長(50)は誰で名前は

桑名市総合医療センターの暴言を吐いたパワハラ歯科口腔外科部長は誰なのでしょうか。

この部長は50代ということのみが公表されており具体的な名前などは公表されておりません。

桑名総合医療センターの公式サイトには歯科口腔外科の部長は二人掲載されております。

誰が暴言のパワハラをしたのかに関しては未だに未公表ということです。

何言われた?

この桑名総合医療センターの歯科口腔外科部長からどんな暴言を言われてパワハラの認定となったのでしょうか。

ミスをした際に「どうして、こんなこともできないのか」と暴言を吐き

読売新聞では上記のような報道がされております。

Twitterではこの言葉ならよく現場では聞くなどのコメントもありますが暴言が吐かれた状況がわかりませんので第三者としては何とも言えないでしょう。

ネットの反応

ネット上では暴言のパワハラということで時代を考察しているコメントなどもありました。

コンプライアンスがどんどん厳しくなる時代ということでどのような立場の人間もアップデートしていかなくてはならないようです。

入社して3年目くらいまではこんな事も分からんのか!出来んのか!お前見たいな奴は要らん!学生と違うんやぞ!出来んなら辞めてしまえ!この給料泥棒!とか事ある毎に言われましたよ!まぁ?苦しくて辞めたい!もう辞めよう!と何度も思いましたが、その度にフォローしてくれる上司が居たから何とか頑張れました。

私も歯科衛生士だけど、こんなこともできないのか…どんなことだったのか気になる。
うちの院長は生まれながらの坊っちゃんで穏やかな人です。

それも大事だと思うけど、看護学生へのパワハラも指導してほしい!
 習ってないことで怒鳴られ、先生は見て見ぬ振り。1人のいい先生は「それはまだ習ってなくてこれからすることです。」と言ってくれる。学生が習ってないないです。の一言が言えないこの環境をどうにかしてほしい。
 私の学校ある看護師からのパワハラで精神的に追い詰められ、辞めろとも言われて4人も辞めてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です