吉岡宗則教諭のFacebook+Twitter顔写真は?神戸工業高校の横領の不祥事 

兵庫県の神戸工業高校の教諭が500万円以上を横領したとして懲戒処分となりました。

懲戒免職となったのは神戸工業高校の教師の吉岡宗則教諭です。

処分は懲戒免職となりましたが学年費を540万円も着服したとして兵庫県の教育界は騒然としております。

事件が発覚した経緯はこの吉岡教諭が生徒からお金を借りていることが父兄に知られてことが契機となったとのことです。

生徒に借金をするとは前代未聞の不祥事でTwitterなどSNSでもこの吉岡教諭の行為は問題視されております。

直ぐにバレるのに。
ギャンブルの借金返済であれば、身内に何故頼まなかったのか?

懲戒免職処分で退職金もなく、氏名等も公表され家族が泣いているぞ。

今夜は吉岡宗則教諭のギャンブルでの借金からの学年費の横領不祥事に関しての話題です。

吉岡宗則教諭=神戸工業高校の横領の不祥事

神戸工業高校の吉岡宗則教諭の横領に関する不祥事は下記のように報道されております。

兵庫県教委は23日、学年費約540万円を横領したとして、県立神戸工業高校の吉岡宗則教諭(51)を懲戒免職処分にした。

同校の卒業生に5万円を借金しており、父親から「先生が生徒からお金を借りるとは何事か」と苦情があり、横領も発覚した。

県教委によると、吉岡教諭は2018年5月~20年2月、修学旅行や卒業アルバムのために積み立てていた学年費を銀行口座から30回以上にわたって不正に出金した。

生徒から直接預かった現金を自宅に持ち帰ったこともあったという。既に全額を返還したという。

 今年2月、卒業生の父親から学校に苦情があり、校長が学年費の通帳が事務室にないことに気づき、調査を始めた。吉岡教諭は「ルーズな管理だったが、クローゼットで保管していただけで、使っていない」と説明しているという。

出典:毎日新聞

吉岡宗則教諭はこの横領した540万円もの金額をすでに全額返済しているということです。

このような事実から事件化はしない模様ですが教育委員会の処分としては免職の懲戒になっております。

この横領がバレた経緯も生徒への借入金ということで通常では考えられないことです。

5万円を生徒から借りるということはいったいどういうことなのかなどの疑問がネット上にはたくさんあるようです。

Facebook+Twitter顔写真は?

吉岡宗則教諭のFacebookやTwitterの顔写真などはあるのでしょうか。

吉岡教諭の氏名をFacebookなどで検索すると複数の同姓同名のアカウントがあります。

関西在住のアカウントもありますが今回の懲戒処分を受けた教師のものかどうかはわかりませんでした。

地元などでは有名な先生のようでTwitterから顔画像などが出てくる可能性もありますのでそちらを注視していこうと思います。

ネットの反応

吉岡宗則教諭の500万円以上にのぼる横領の不祥事は神戸市の教育界にも衝撃を与えております。

先生の不祥事が近年関西でも続いておりますが今回は金額も大きく関係者はショックを受けているようです。

全国的に不祥事で名前が知られてしまった神戸工業高校への同情の声もあるようです。

ギャンブルで人生を壊してしまった例だ、競馬で取り戻せるわけないなどの意見もあります。

競馬の借金って。
JRAは金貸し業者じゃないし。
56歳ならそれなりに長い競馬歴だよね。

借金するほど勝てないって、もう辞めなね。
素質ないわ。
減らすだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です