【多賀城市】コロナ感染者の飲食店はどこで店名は?大学生の大学名は

宮城県多賀城市で新型コロナ感染者が確認されたということです。

宮城県でもコロナ感染者の増加がおさまりませんが今回は多賀城市の飲食店を起点とした感染が起きたようです。

飲食店と言っても接待を伴うお店からお酒などは出さないお店など様々な形態があります。

今回は宮城県多賀城市で発生したとされる新型コロナウイルス感染に関しての情報です。

多賀城市でコロナ感染者

宮城県内での仙台市や多賀城市での新型コロナウイルス感染の報道は下記のように為されております。

宮城県内では4日、新たに仙台市で4人、多賀城市で1人の合わせて5人が、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。宮城県内の累計感染者数は231人となりました。

県によりますと、新たに感染が確認されたのは、仙台市の20代のアルバイトの男性、20代の女性会社員、40代の男性会社員、20代の無職の女性、それに多賀城市の20代の男子学生の合わせて5人です。このうち、仙台市の40代の男性会社員と20代無職女性は、仙台市がクラスターと認定した市内のバー関連で、感染が判明した30代のアルバイトの男性店員の濃厚接触者です。

多賀城市の男子学生は8月30日からせきや頭痛などの症状が出始め、4日のPCR検査で、陽性が判明しました。感染経路は分かっていません。
男子学生は8月28日以降、通学していないということです。

出典:東北放送

宮城県では仙台市を中心に新型コロナウイルス感染の拡大が止まりません。

クラスターの発生など油断できない状態ですがコロナウイルスとともに生きていくという段階に意識変化が起きているような状況のようです。

そんな中多賀城市で男子大学生が新型コロナウイルスに感染したということでTwitterなどで話題になっております。

飲食店はどこで店名は?ツイッター

Twitter上では多賀城市の飲食店でコロナのクラスターが発生したと投稿があります。

しかし、多賀城市での新型コロナウイルスの感染に関しての大手のメディアの報道ではクラスターの発生とまでは報じておりません。

ツイッター上では飲食店でのクラスターの発生とありますがまだ確認が取れておりません。

店名などの特定も現時点でできておりませんが確定情報が入りましたら飲食店の店舗名なども追記しようと思います。

大学生の大学名はどこ

多賀城市での新型コロナウイルスの感染した男子大学生の大学名がネット上で注目されているようです。

この多賀城市の感染してしまった男子大学生の通っている大学とはどこなのでしょうか。

公式には大学名などは報じられておりませんでTwitterなどでは宮城大学などの名前が出てきております。

自治体はいわれのない誹謗中傷を無くすためにもコロナの発生した大学生の通っている大学名を迅速に公表すべきだなどの意見があります。

これに対して公表することにより中傷が集まってしまうとの危惧もあり判断がわかれるところのようです。

今回の多賀城市でのコロナウイルス感染の情報はかなり現時点では錯綜しており、SNSでも真偽がわからない情報がたくさん投稿されております。

多少の時間が経てばまた公式の機関から情報が出るのでしょうが具体的なデータがなく不確定なソースに頼ってしまいがちな上京があります。

自治体には正確な情報を出して欲しいなどの要望もあるようです。

SNSの反応

多賀城市での新型コロナウイルス感染はクラスターが起きたなどの書き込みもあるようですがまだ真相はわかっておりません。

多賀城市や宮城県のフォーマルな見解がなかなか出てこない状況で噂に人々が飛びついているような状況なのかもしれません。

冷静な判断が必要でしょう。

どのような店や蜜の環境や、条件で感染するのか実例みたいなことを行政がまるで隠蔽しているので効果的な防御方法がわからない。

アルコールもマスクもあれもこれも対策しなさいでは疲弊する。行政が感染者数ばかり発表し異常に恐怖心だけ煽るから感染者を差別する風潮が生まれる。感染者数だけ発表では行政は卑怯と言ってもいい。正しく恐れる情報を発信して欲しい。

多賀城といわれても広いんだ。学生がどのような生活スタイルでどこのスーパーや飲食店を利用してたくらい言ってもいいのに。疑いだけでいろんな店に行かなくなるぞ。

宮城県がコロナ対策頑張ってゼロにしないと、そこから東北の他の県に広まる可能性十分ある。
連日感染者が出ており不安だ。

2020年9月13日

13日のコロナ感染に関しては仙台放送がこのように報じております。

13日、新たに8人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

感染が確認された8人の内訳は、七ヶ浜町の20代の女性1人と、仙台市が7人です。七ヶ浜町の20代の女性は、11日に感染が判明した多賀城市の20代男性の濃厚接触者でした。この女性が利用した多賀城市内の接待を伴う飲食店で、あわせて5人以上の感染が確認されたため、県は13日、この多賀城市の飲食店でクラスターが発生したと断定しました。

仙台市以外でのクラスター発生はこれで3件目です。ただし県では「店を利用した濃厚接触者が特定できているので、これ以上の感染拡大のおそれが無いとして、飲食店名は公表しない」としています。

仙台市以外での新型コロナの感染が続いている宮城県内ですがこれ以上の感染の拡大は見込めないということのようです。

コロナクラスターの発生した店舗名の公開もそれ故しないということですが不安に感じている市民もいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です