テレビ朝日の労働組合幹部の若手男性社員X氏は誰で名前を特定?

テレビ朝日の労働組合で巨額の金銭の紛失があったと文春オンラインが報じております。

組合費から数百万円ものお金が消えてしまったということです。

テレビ朝日の労働組合は民放労連からの脱退が報じられましたが今回の横領や着服の疑いのある金銭の紛失と関係があるのでしょうか。

文春ではこの金銭の不正な紛失に関しては労組幹部のX氏が関係しているののではと報じております。

テレ朝の労組幹部で若手社員だったX氏とはいったいどのような人物なのでしょうか。

執行委員の横領?文春

文春オンラインではテレビ朝日の労働組合の幹部の横領と言ってもいいような金銭の紛失を下記のように報じております。

民放労連(日本民間放送労働組合連合会)を脱退したことが報じられたテレビ朝日労働組合で、巨額の紛失事件が起きていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。昨年、組合費から数百万円が消失していたことが発覚し、テレ朝労組は内部調査を行い、警察にも相談していた。

 民放労連(日本民間放送労働組合連合会)を脱退したことが報じられたテレビ朝日労働組合で、巨額の紛失事件が起きていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。昨年、組合費から数百万円が消失していたことが発覚し、テレ朝労組は内部調査を行い、警察にも相談していた。

「テレ朝労組には全社員約1200人のうち約700人が所属。組合員は毎月2千数百円の組合費を払い、そのうち2000円強が民放労連への“上納金”にあてられていた。年間で約2000万円で、民放労連の収入全体の約15%をテレ朝労組が担っていた計算になります」

 このお金に、テレ朝労組の幹部が手をつけていた疑いが発覚。労組の内部調査で疑惑の人物として浮上したのが、2016年から昨年まで執行委員を務めていた若手男性社員のX氏だった。

「横領について明確な証拠がなかったのですが、なぜかその後の昨年12月に1カ月以上も無断欠勤したのです。会社側はそれを理由に懲戒解雇としました」(テレ朝関係者)

出典:文春オンライン

文春では労働組合の幹部であった人物が金銭の消失に関係したいたと報道しております。

その金額は数百万円にものぼりテレ朝では警察にも相談していたということです。

この執行委員幹部は現在は懲戒解雇となっております。

テレビ朝日の労組幹部が横領か

テレビ朝日の労組幹部の横領なのではという疑いがありますが警察にもすでに相談しているということです。

今後は警視庁の動きにこのテレ朝の労組幹部のX氏が横領という罪に問われるのかどうかが決まりそうです。

まだ横領や着服などの事件になってはいないのでその点は注意して理解しないといけないでしょう。

若手男性社員X氏は誰で名前を特定?

このテレビ朝日の組合の幹部とは若手社員のX氏と報じられております。

このテレ朝の若手社員X氏とは誰なのでしょうか。

報道ではX氏の特徴や年齢そして顔写真などは一切報道されておりません。

イニシャルも手掛かりとはならないXという文字です。

現時点でこの横領と言ってもいいような金銭の消失事件の渦中の人物の名前などは特定できておりません。

ネットの反応

テレビ朝日労組幹部の起こした可能性のある金銭の消失ですが民法労連の脱退とは関係がないとテレ朝は主張しております。

民放労連の輸入のうち15%がテレ朝からのものということです。

今回の金銭の消失などが力説の影響があるのかどうかの真相はまだ闇の中のようです。

民放労連の役割がわからない

結局X氏が誰なのか何も答えが出ていない。

何もわからないならこのようなブログを書くべきではないと思う。

横領などの事件性もまだ疑問なのに読者をミスリードするような文章で不愉快です。

テレビ局のヤミか!

テレビは落ち目だからな・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です