【ボクが恋したラブドール】NONFIXのやらせ強要のフジテレビディレクターと社員プロデューサーは誰で名前は?

フジテレビのやらせを告発している人物が東スポで報じられております。

その告発者とは兵頭喜貴氏で今から約5年前に「NONFIX ボクが恋したラブドール」に出演いたしました。

その時にフジテレビのディレクターからやらせを強要されたということで問題となっているようです。

木村花さんの死去によりフジテレビの番組のやらせ疑惑が次々を出てきておりますが今回は「NONFIX ボクが恋したラブドール」に出ていた兵頭氏が告発する形となりました。

今回はこの「NONFIX ボクが恋したラブドール」で演出の強要をしたディレクターと公式サイトの番組名から消されたプロデューサーに関しての話題です。

NONFIXボクが恋したラブドールでやらせの強要?

フジテレビの「NONFIXボクが恋したラブドール」でのやらせの強要があったと東スポがこのように報道しております。

兵頭氏はラブドール写真家の“東の横綱”といわれる人物で、2015年9月に放送された「NONFIX ボクが恋したラブドール」に出演したことがある。この時、やらせを強要されたという。

取材初日は長時間にわたって質問をされ続けたという。

 兵頭氏は「後になって考えると、あれはウソ話を作るための“尋問”でした。人形と会話することを数え切れないほど強要されましたし、『仕事するところを撮らせろ』と何度も何度も命令されましたね。そのたびに断りましたけど。人形と会話なんてしたことないし、零細の下請け会社でほそぼそと働いていたので、元請けに迷惑をかけるようなこともできません。そのことも説明しましたが、常に無視されました」という。

収録中は誘導、挑発の連続だったという。

「やらせ強要やおかしな言動に対して、その道の第一人者である私が『そんなことはありませんよ。実際はこうです』と理路整然と説明しても、ディレクターは『証拠を見せろ』とぬかすんです。これまで世界中の放送局から取材を受けてますけど『証拠を見せろ』と言ったのは、フジテレビだけです」(同)

放送後に兵頭氏がブログ等で告発を始めると、フジは公式サイトから社員プロデューサーの名前を消したという。

出典:東スポ

喜貴兵頭氏はフジテレビのディレクターから誘導や挑発を受けてやらせを強要されたと証言しているようです。

もしこれが本当なら倫理的に許されるものではありません。

今後このNONFIXのやらせ問題は大きくなっていきそうな雰囲気です。

やらせ問題が連続している印象のフジテレビですが今後のコンプライアンスの遵守など新しい基準での番組制作が求められているのかもしれません。

フジテレビディレクターと社員プロデューサーは誰で名前は?

「NONFIXボクが恋したラブドール」はフジテレビで放送されました。

この番組の制作でやらせを指示したディレクターは誰なのでしょうか。

報道ではこの担当ディレクターの名前などは公開されておりません。

しかしK氏という名前がうわさになっておりますが真相はわかりません。

そして番組の公式サイトにあった社員プロデューサーとは誰なのでしょうか。

こちらは番組の公式サイトにはK氏とLADAKという会社のM氏の名前があります。

https://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2015/658.html

しかし、この時の番組の制作会社などが現時点で特定できておりませんので担当しレクターの名前などは現在調査中です。

兵頭喜貴氏の告発ブログ


引用:「日刊・兵頭日記」

「NONFIXボクが恋したラブドール」でやらせがあったとされる兵頭喜貴氏の告発ブログは現在見ることができるのでしょうか。

調べてみると、livedoorブログに兵頭氏の投稿がありました。

「日刊・兵頭日記」というブログです。

http://blog.livedoor.jp/hyodo_shasin/archives/50834044.html

東スポの報道では兵頭氏の発言がほとんどですがフジテレビやその制作会社のコメントなど出てきた際にはこちらもサイトにも追記していこうと思います。

Twitterの反応

フジテレビの「NONFIXボクが恋したラブドール」でのやらせ告発の記事ではテレビ局やその作成会社への厳しいバッシングが起きております。

しかし、フジテレビの担当ディレクターの意見や言い分も聞かなければならないなどのコメントもあります。

制作過程でどのようなことがあったのかフジテレビはその真相を開示する義務があるのではなどの趣旨の意見もあります。

「楽しくなければテレビじゃない」と言ってた局だからね。

テレビが潰れない、ということがおかしい。許認可業種のくせに観察も罰則もない。

いまさらな告発という感じはありますが、そもそも過剰演出をして誰かを傷つけても、事業者に対するペナルティがないに等しいから、やったもん勝ちになっていると思います。

大小の差こそあれ、フジテレビだけの問題ではないでしょうし、BPOみたいな身内の互助組織ではなく、懲罰権を含む監督が必要だと思います。

待ってください。
これ東スポの記事ですよ?

色々思うところはありますが、
それでもザ・ノンフィクションだけは日曜日の楽しみなので、なくならないで欲しいです。
掘り起こせばキリがないですが、最近だと動物愛護に力を注ぐ獣医さんのお話など、色々考えさせられる内容も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です