林真琴の高校大学(学歴)は?韓国とリークとは【定年】

東京高等検察庁の黒川広務検事長が賭けマージャンで辞任をいたしましたがその後任に名古屋高検検事長の林真琴氏が就任するようです。

黒川氏とは同期で検事になりその後二人とも出世していくのですがこのような状況で林氏が検察庁のナンバー2になることが決定しました。

ネット上では信じられない黒川氏のギャンブル行為で信頼が失墜しているとのコメントなど批判的なものが多いようです。

この人には、失われた検察への信頼を取り戻すという大仕事が待っています。

この方の仕事は、まずは「検察の信頼と威信を取り戻す」こと。

多くのコメントで検察の失った国民からの信頼を取り戻すことが責務との声が多いようです。

今回はこの名古屋高検の林真琴検事長に関しての話題です。

林真琴の高校大学(学歴)と定年は?

林真琴検事長の黒川氏の後任人事に関しては日テレがこのように報道しております。

検察庁のナンバー2、東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言中に新聞社の社員らと賭けマージャンをしていた問題で、辞表を提出した黒川検事長の後任に、林真琴名古屋高検検事長が内定したことが関係者への取材でわかりました。

新たな東京高検検事長に就任することが内定したのは、林真琴名古屋高検検事長です。林名古屋高検検事長は愛知県出身で、1983年に黒川検事長の同期として検事に任官。

法務省人事課長や最高検総務部長などを歴任し、2017年の法務省刑事局長の際には、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の審議で国会の答弁に立つなどしました。

出典:日テレNEWS

賭けマージャンで検察庁のナンバー2が辞任という前代未聞の失態を演じたわけですが後任には林真琴氏が就きます。

この人事は妥当とも言われる一方で人気が約2か月でなくなるということもあり首をかしげている方も多いようです。

林真琴名古屋高検検事長の学歴つまり卒業高校や大学はどこなのでしょうか。

高校は愛知県の豊橋市の名門高校の時習館高校出身です。

出身大学は東京大学法学部で1983年に検事に任官されております。

韓国とは

林真琴名古屋高検検事長に関して調べていると「韓国」という文字が出てきます。

林氏は在日なのでしょうかそれとも韓国と何かつながりがあるのでしょうか。

こちらに関しては韓国とは何も関係がなさそうでした。

なぜ林真琴検事長を検索すると韓国という文字が出てくるのか理由はよくわかりません。

リーク

林真琴検事長を調べると「リーク」という気になるワードも出てきます。

ネット上ではカルロスゴーン逮捕などで情報をマスメディアにリークしたとの噂があります。

しかし、このような事件のリークなどは存在したのかに関しては確証がありません。

リークに関しては単なる噂のような感じがしますがどのように感じるでしょうか。

ネットの反応

2ヶ月後に定年を迎える方を後任に就けるということが何を意味するのか。
すぐにその任に当たれるうえに、これまで政権から機会を奪われてきた方を就任させることで国民からの批判を和らげられる、と政府が踏んで就けたのは言うまでもないが、

林氏の定年は約2か月後の7月30日
それまでに林氏が次の検事総長になって定年延長

この人はこの人でゴーンの一件とか特定のメディアにリークしてた件が
あるので本当に司法の中立性に値するのかは疑わしい。
また黒川みたいな事があったら検察の威信は地に墜ちますよ。

彼は、朝日新聞との関係を疑われているよね。
そして、七月定年。
現検事総長は、慣例では八月に任期を終える。定年は来年だが。
今後どうなって行くのか?
総長が早期辞任して、彼を検事総長にするのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です