岡江久美子息子YouTube動画は誰?ユーチューバーの名前特定か:炎上

女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で死去いたしましたがその息子を名乗るYouTube動画が公開されております。

この息子を名乗るユーチューバーは実際には岡江さんの子供ではないようでSNSでは他人の死去をネタにして再生数を稼ぐとは許せないとの批判が起きているようです。

そういうインチキ動画に対してはYouTube側が厳しく取り締まるべきでしょう。

そんな悪質な事をする奴らは2度とYouTubeを出来ない仕組みを作っていって欲しいとせつにねがいます。

岡江さんの訃報で注目が集まりましたがこのような他人の不幸をネタにしたということで批判が起きております。

岡江久美子息子YouTube動画

日刊スポーツが岡江久美子さんの息子を名乗るYouTube動画の報道をしております。

女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルス肺炎で亡くなったことを受け、YouTube上では岡江さんの「息子」をかたる複数のユーザーが動画をアップしており、批判の声が噴出している。

岡江さんの訃報が流れた後、YouTube上には「岡江久美子の息子です 母について話します」「岡江久美子の息子です。

今まで母をありがとう御座いました」などといったタイトルで動画をアップするユーザーが続出した。

昨今、YouTubeでは著名人が死去した際に同様の動画をアップするユーザーが増えており、ネット上では「人の死をネタにしてYouTubeにあげるとか、どういう神経してるのか」「僕は絶対に許せません。

人として最低の行動」「岡江久美子さんの息子を名乗って稼ごうとしてる奴ゆるさん。最低です」といった怒りの声があがっている。

出典:日刊スポーツ

岡江久美子さんの息子と嘘をついてYouTube動画で再生数を稼ごうとしており悪質だとの批判がたくさんTwitterにも寄せられております。

有名人の死去や訃報を題材にして一時的にアクセスを集める手法はご法度なはずですがモラルの低下が嘆かれます。

このような無礼なユーチューバーには無視するのが一番です。

動画を見たりコメントなどすればその動画コンテンツがいいと評価されてしまいます。

コメントなどもコンテンツとなるので本当に岡江さんの息子ユーチューバーを名乗る人の動画は見ないのがいちばんです。

ユーチューバーの名前誰か特定?

岡江久美子さんの息子を語るユーチューバーへの対抗策をしては無視するのが一番です。

そしてそのYouTube動画をアップしているのが複数にのぼると日刊スポーツは報じております。

そのようなユーチューバーは誰なのか名前などは特定されているのでしょうか。

一人は「勇者ナリボン」というユーチューバーで登録者数2000人ほどです。

もう一人は「ナイス達也チャンネル」というユーチューバーで登録者数は6000人ほどです。

他にもいるようですが現時点で公開されて「岡江久美子 息子」のクエリで上位にいるのはこちらのユーチューブ動画となります。

再生数は数万回を超えております。

炎上動画

現在炎上している動画がこのようなものになりますが、このようなことをして大丈夫なのでしょうか。

「勇者ナリボン」のユーチューブ動画はこのようなものです。

「ナイス達也チャンネル」のユーチューブ動画がこのようなものです。

今後YouTubeの運営者による最低限のモラルをもった動画のアップロードなどのチェック体制も構築していくべきなどのツイートもあるようです。

炎上商法なのでしょうが動画やスクショなどが今後デジタルタトゥーとして残ることを考えてはいないのかなどの批判もあるようです。

ネットの反応

岡江さんの死去で不謹慎な動画をあげて炎上状態になっております。

YouTubeがこのような不適切な動画を取り締まるシステムがないと今後の同様なことが起きるのではとの懸念があります。

怒れば怒るほど儲かる仕組み
怒らせたら勝ちみたいなとこがあるので無視以外ない

どんどん取り締まれ

マスゴミも利用してんじゃん何か違うの?こういう記事書いて恥ずかしいねー

数万のビューを得ても、いくらも稼げないでしょ?
顔出しして詐欺行為をする神経が信じられない。
そして何よりも亡くなった方や家族親族に対して無礼。
即刻削除すべき動画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です