むとうの家悪徳?六島ジム枝川孝会長の評判と口コミ批判はある?

六島ジムの枝川会長が4900万円の脱税をしたとして大阪地検から告発されていたことが判明いたしました。

六島ジムは世界チャンピオンや日本のトップランカーも在籍しているボクシングジムです。

そのようなジムの会長が関連している不動産の会社での脱税で大阪国税局から指摘を受けていたことは関係者にショックを与えています。

国税庁に対して、他にやることあるだろうみたいなコメントもあるけど、架空取引の計上なんて極めて悪質だから、厳しく対処してほしい。

国税さんよ、もっと先にやるとこあるやろ。

六島事務やむとうの家という不動産会社に対するコメントよりも大阪国税局への意見が多いようです。

今回は脱税が指摘されたむとうの家と六島ジムに関して取り上げます。

むとうの家悪徳とは?

むとうの家の脱税に関してはデイリースポーツなどがこのように報道しております。

架空の土地仕入れ高を計上して法人税など計約4900万円を脱税したとして、プロボクシングの六島ジムの枝川孝会長(55)が、前社長だった大阪市住吉区の不動産会社「むとうの家」とともに、法人税法違反などの容疑で大阪国税局から大阪地検に告発されたことが18日、分かった。既に修正申告し大半を納付した。

枝川会長は、WBA世界スーパーフライ級元王者で近大ボクシング部監督を務める名城信男氏を指導し、同ジムには現在、WBOアジア・パシフィック・バンタム級王者のストロング小林佑樹、日本ミドル級1位の国本陸らが在籍。

国本は5月2日に後楽園ホールで同級王者の竹迫司登(ワールドスポーツ)へ挑戦予定で、4月19日には六島ジムの主催興行(住吉区民センター)も決まっている。

出典:デイリースポーツ

六島ジムの会長の枝川孝氏はWBA世界スーパーフライ級の元チャンピオンでその後近畿大学のボクシング部の監督にも就任していた名城信男さんを指導したことで知られております。

さらに現在では日本ミドル級の1位の選手などもいるジムで業界内では名の知れたジムのようです。

しかし、今回5千万円弱の脱税を大阪国税局から大阪地検に告発され修正申告の事態となってしまいました。

そんなむとうの家を検索していると「むとうの家 悪徳」のような文字が自動的に出てきました。

これは何を意味しているのでしょうか。

むとうの家が悪徳なことをしているのでしょうか。

確かに今回脱税が判明し悪徳と言えるのかもし得ませんがすでに修正申告をしております。

悪徳には違いないようですが人によってとらえ方が違います。

大阪国税局の方が悪徳だなどの意見もあったりもします。

六島ジム枝川孝会長の評判と口コミ

六島ジムの枝川孝会長の評判や口コミはどのようなものがあるのでしょうか。

六島ジムやむとうの家などの評判や口コミはあります。

しかし、枝川孝会長自身の評判に関する記載がほとんどありませんでした。

今回の報道で悪徳や批判などのネガティブな言葉が検索結果に出てきますが本当のところはわかりませんので噂に惑わされないようにしないといけないようです。

批判はある?

今回の脱税による修正申告で全国的な報道をされてしまいました。

このことでむとうの家や六島ジムには批判的なコメントがたくさんTwitterなどでされているようです。

しかし、大阪国税局の姿勢にも批判が向けられており今後国税などの取り締まりがどのようになっていくのかに注目しているコメントもありました。

批判は国税だけでなく大阪地検にも及んでいて悪徳なのはそっちの方だなどの意見もあるようです。

ネットの反応

プロボクサーのジムを税務調査出来るのなら、世襲政治屋の脱法的脱税行為(政治団体同士の寄付)も取り締まって欲しいものだ。

大半ではなく、しっかり全額納付をお願いします。

この人は本業は不動産屋の社長でボクシングジム経営は趣味でやってるようだね。

六島?知らんなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です