伊東勝人監督死去:死因は病気?近大相撲部【訃報】

近大相撲部の監督をつとめていた伊藤勝人氏が死去いたしました。

55歳という若い年齢での訃報に近畿大学関係者は驚きをもって受け止めているようです。

大相撲初場所を観戦した後体調の悪化を訴え入院しましたがそのまま帰らぬ人となりました。

この方といい、中日の高木さんといい
ついこの間まで元気だった人が急に

やっぱり相撲取り、プロレスラー、ラグビー選手、そしてプロ野球選手は平均寿命より早く死去する傾向がある、という印象がある。

先日も野球人が逝去し今日は近大相撲部の監督の死去でスポーツ界はショックを受けているようです。

今回は近大の相撲部の監督の伊藤勝人氏の死去や死因に関して取り上げます。

伊東勝人監督死去

伊藤勝人監督の死去に関してはスポニチアネックスなどが速報しております。

近大相撲部監督の伊東勝人氏が17日夜、都内の病院で急死した。55歳だった。

1988年、89年に実業団横綱、91年にアマ横綱に輝き、近大監督就任後は昨年夏場所で初優勝した関脇・朝乃山(25)らを育てた。

関係者によれば、17日は都内で大相撲初場所6日目を観戦して食事後、ホテルへ戻ると体調の悪化を訴え、意識がなくなった。病院に緊急搬送されたがそのまま息を引き取ったという。

青森県出身で五所川原商高では伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)の後輩。87年に近大職員になり、自身の選手活動と共に後輩の指導にも当たってきた。

出典:スポニチアネックス

55歳という年齢での死去に近畿大学の関係者は衝撃を受けているようです。

あまりにも早すぎる訃報に驚きを隠せません。

ホテルで体調が悪くなったようですが東京の病院に入院してそのまま死去してしまいました。

現在関脇の朝乃山を育てあげた指導者としても知られており相撲界の大切な人材を失った悲しみは大きいようです。

:死因は病気?近大相撲部の訃報

近大相撲部の監督であった伊藤勝人氏の死因はどのようなものだったのでしょうか。

伊藤氏の死因に関しての詳細な報道はありませんが恰幅が良く心臓や血管に負担のかかるような食事をしていた可能性があります。

急性心筋梗塞や心不全などの噂がありますが公式の発表がまだないのでどのような病名で死去したのかは確定情報がまだありません。

今後病院や近畿大学側から発表があるものと考えられます。

経歴や学歴は

伊藤勝人近大相撲部監督の出身は青森県です。

青森県五所川原市の五所川原商業高校の出身でこの地で近大の合宿を行ったこともありました。

その後就職しましたが相撲はつづけ1988年からは実業団横綱として2連覇を成し遂げております。

そして1991年にはアマ横綱になりその後近大の相撲部の監督に要請されて就任されました。

指導者としての評判も良く近大相撲部の発展に寄与した人物としてその功績がたたえられており今回の訃報はかなりのダメージがあると思われます。

ネットの反応

死因として糖尿病などの関連をコメントするものもありますが詳しい病状がどのようなものだったのかなども不明です。

生活習慣病と力士は無縁ではいられませんので引退後も体調の調整が必要との声がネット上にはたくさんあるようです。

季節的なものなのかなあ?
ご冥福をお祈りします。

糖尿病とか高血圧で長い間苦しんできたのではないか
相撲関係者も大変な仕事
合掌

良い指導者やったのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です