小室佳代の指輪送り主誰でエルメス?入院の噂:女性自身

女性自身で小室佳代さんが薬指に新しい指輪をしていたとして誰が送り主なのか波紋をよんでおります。

佳代さんの金銭的な問題で眞子様と小室圭さんの結婚が延期されてからすでに2年間が経とうとしております。

その間ほとんど何も進展していない状況で今回の小室佳代さんの指輪がクローズアップされてきました。

今回は小室佳代さんの指輪の送り主などに関して取り上げます。

小室佳代の指輪送り主誰?週刊女性

週刊女性の報道によると小室佳代さんの指輪に関してこのように報じられております。


1年半にわたり姿を見せなかった“消えた母”――。その佳代さんの姿を本誌がキャッチしたのは、昨年12月20日の午前5時ごろのことだった。小室さん母子の自宅マンションのエントランスに佳代さんが現れたのだ。

周囲を深い闇が包む中、マンションの前には佳代さんが呼んだとタクシーが止まっていた。ブラウンのワンピースの上に、同系色で上半身いっぱいを包む大きなストール。バッグを2つ持って、黒いブーツはピカピカに磨かれていた。

はたして金銭トラブルを解決する意思はあるのか? 本誌が取材を申し込もうとすると、佳代さんはストールで顔を覆い、マンションへと引き返していった。

早朝に“セレブマダム風”のファッションで外出しようとしていた佳代さんはいったいどこへ出かけるつもりだったのだろうか。

意外なことに、佳代さんの左手薬指には、ピンクのダイヤモンドのような宝石が入った、真新しい指輪が光っていた。

過去の佳代さんの写真を見返しても、左手薬指に指輪をしているものはない。おそらく亡くなった夫・敏勝さんから贈られた指輪ではないだろう。

いったい、この指輪は誰から贈られたものなのか――。

出典:女性自身

セレブマダム風のファッションに身を包んでいたとのことですが誰かと会っていた可能性が高いと女性自身はみているようです。

そしてくだんの左手の指輪ですが誰から送られたのかに関しては確定的な情報は書いてありませんでした。

しかし、報道では男性からのプレゼントのような匂わせがあります。

指輪はピンクのダイヤモンドの入ったものでもしかしたら佳代さん自身が必要に迫られて購入したものの可能性もあります。

あるいは圭さんが母親に誕生日プレゼントなどで送った可能性もあるとネット上では憶測が憶測を呼ぶ状態になっております。

エルメスとは

小室佳代さんのことをネットで調査していると「小室佳代 エルメス」という情報があることに気づきました。

今回女性自身で報道されたセレブマダム風の格好はエルメスなのでしょうか。

調べてみたところそうではなさそうです。

以前秋篠宮家にエルメスをもって生活費の200万円を請求したことがあるとのニュースがありそのことがいまでも検索されていて「小室佳代 エルメス」のような提案型の文字列が自動で出てくるようです。

それだけ小室佳代さんと高級ブランドが結びついているイメージのようです。

入院の噂

小室佳代さんがあまり姿を見せていない中で入院の噂も飛び出しておりました。

日本中が否定的な見方で佳代さんのことを週刊誌も取り上げセンセーショナルに報じてきました。

そのような事態から精神的に不調をきたしても致し方ないという見方もあります。

圭さんと眞子様の結婚という本来ならおめでたい話なのですが佳代さんの問題が長引いて波紋を呼ぶばかりのようです。

SNSでも結婚を容認してもいいのではという意見と皇室的にはぜったいに許せないというものもありまとまっていない状況です。

ネットの反応

セレブ的なファッション…

指輪が何でダイヤとわかるのか

この報道もうしなくてもいいのではないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です