林家市楼が死去|死因は心臓疾患で親+嫁の家族は?

落語家の林家市楼さんの死去が報道されました。

享年42ということで多くの落語の関係者がショックを受けているようです。

林家市楼さんの死因は心臓疾患ということです前日にマラソン大会に出場していたということで死亡の要因となっているとの見方もあるようです。

本日は上方落語の林家市楼さんの死去に関して取り上げます。

林家市楼が死去

上方落語の林家市楼さんの死去は日刊スポーツが下記のように報じております。

祖父から直系3代の上方落語家、林家市楼(はやしや・いちろう、本名・鹿田圭人=しかた・よしと)さんが14日夜、大阪市内で倒れ、心臓疾患のため、亡くなっていた。42歳。

事務所によると、市楼さんは、倒れる前日13日に沖縄でマラソン大会に出場しており、14日に帰阪。

夕方ごろ、大阪市内の出先で突然倒れ、救急搬送されたが、回復はならなかったという。「体調にも問題はなく、本当に突然のことで…」と、事務所でも対応に追われた。

出典:日刊スポーツ

林家市楼さんの訃報は関西の落語関係者に大きな衝撃を与えているようです。

年齢が42歳だったということで予想もしていなかった訃報のニュースです。

マラソン大会に出るということで体も普段から鍛えていたようです。

そんな健康的な林家市楼さんの突然の死去は本当に多くの芸能の関係者に驚きを与えているようです。

死因は心臓疾患

林家市楼さんの死因は心臓疾患と報じられております。

マラソン大会の翌日に倒れたということですが因果関係などは現時点では判明しておりません。

強度の強いスポーツは循環器系にも影響しますが40代での林家市楼さんの死去は誰も予想できなかった事態です。

親+嫁の家族は?

林家市楼さんの親や嫁など家族関係に関しても注目が集まっているようです。

祖父が落語家で父親も4代目の落語家の一家に生まれました。

林家市楼さん自身は5代目の落語家として活動しておりましたが父親はすでに死去しております。

嫁や息子に関しての情報はネットにはほとんどないということですが年齢的にはすでに結婚していてもおかしくない歳です。

家族構成などの詳細がわかればこちらのサイトにも追記していきます。

市楼さんは、祖父が3代目林家染語楼、師匠でもあった実父が4代目という落語家一家。父が亡くなった後に、一門の林家染丸へ預かりとなった。一門では染丸の意向を受け、市楼さんに5代目林家染語楼を追贈することを決めた。

ネットの反応

Twitterなどでは林家市楼さんの訃報に驚いているようなコメントが多いようです。

42歳という年齢での訃報は本当に早すぎるとの意見があります。

落語家としてまさにこれからという時点での死去は多くの上方落語のファンを落胆させているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です