柳田泰己が死去|死因は落馬事故でwikik経歴(出身&妻)は?

ニュージーランド競馬の騎手である日本人が死去したとの報道が入りました。

死去したのは柳田泰己騎手で3日のレースで落馬していたということです。

柳田泰己騎手は年齢が28歳だったということで競馬関係者は大きな衝撃があるようです。

本日は日本人ジョッキーである柳田泰己騎手の訃報に関して取り上げます。

柳田泰己が死去

柳田泰己騎手の死去はスポーツ紙を中心に大きく報道されました。

 ケンブリッジ競馬場で開催された3日のレースで落馬し、意識不明の重体となっていたニュージーランド競馬の日本人ジョッキー・柳田泰己(たいき)騎手が9日、現地の病院で亡くなった。28歳。

柳田騎手はケンブリッジ競馬場で開催された3日の9Rで落馬。頭部と頸椎にダメージを負い、重体だった。日本からは母親ら家族が駆け付け、懸命な処置が行われたものの、意識が戻らないまま、帰らぬ人となった。

出典:スポニチアネックス

柳田泰己騎手の死去はニュージーランドだけでなく日本の競馬会でも衝撃があるようです。

レース中の落馬ということで本当に信じられないなどのファンの声もあるようです。

年齢が28歳ということで親族はじめ関係者には大きな喪失感が広がっているようです。

死因は落馬事故

柳田泰己騎手の死因は落馬事故ということです。

落馬した際に頭部だけでなく頸椎も損傷してしまったとのことです。

重体の状態だったということですが9日に訃報を聞くこととなってしまいました。

本当に未来ある若者の死去で悲しんでいる関係者がたくさんいます。

wikik経歴(出身&妻)は?

柳田泰己騎手のwikiでの経歴や学歴などはあるのでしょうか。

現時点ではwikiには柳田さんのページはないようです。

出身地は千葉県松戸市で高校2年生の時点でプリズベンに留学したということです。

その時に競馬を見て感動したとのことです。

大学には進学しますが1年で中退し競馬の騎手になるために進路を決めます。

柳田騎手は大学中退後に同国に渡って、オサリバン厩舎で働きながら17年10月に騎手としてデビュー。同国で1577戦162勝(重賞2勝)の成績を残した。

まだ20代の騎手が事故で死去するという本当に痛ましい事態となってしまいました。

Twitterには柳田さんへのお悔やみのコメントがたくさんあります。

ニュージーランド競馬

柳田泰己騎手はニュージーランド競馬で活躍中でした。

ニュージーランドはイギリスの植民地だったということで競馬などの文化も根付いているようです。

そのような中ジョッキーとして活躍していた日本人の事故での死去に両国の関係者はショックを受けているようです。

Twitterには柳田さんへのお悔やみのメッセージがたくさん書き込まれているようです。

とても悲しい気持ちです。
大学を中退して努力して騎手になる夢を叶えて今まで一生懸命に頑張ってきただけに今回の事故は胸が苦しい思いです。

今まで柳田選手が残した功績はいつまでもその競馬の歴史に輝いて残り続けます。
今まで競馬界を盛り上げてくれてありがとうございます。
天国でも幸せに元気に過ごしてください。

ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です