【NHK】番組の不適切字幕!責任者と資金源は?

NHKのBS番組の「河瀬直美が見つめた東京五輪」で不適切な字幕があったということで話題になっております。

取材をきちんとしていなかったとうことです。

確認が不十分だったということで謝罪がありました。

今回はNHKの番組の不適切字幕に関しての話題となります。

NHKの番組の不適切字幕

NHKの番組の不適切字幕に関しては下記のように報道されております。

 NHKは9日、昨年12月に放送したBS番組「河瀬直美が見つめた東京五輪」で、五輪反対デモの参加者という人物について確認が不十分なまま「お金をもらった」と打ち明けたとする字幕を付けていたと明らかにし、視聴者に謝罪した。

出典:共同通信

NHKのBS番組の「河瀬直美が見つめた東京五輪」の中でデモの参加者に対しての字幕が不適切だったということです。

オリンピックの反対のデモ参加者に対してきちんとした取材をしていなかったということです。

報道するものの姿勢としてどうなのかなどの意見もあります。

責任者

「河瀬直美が見つめた東京五輪」の番組の責任者は何か処分があるのでしょうか。

BS番組のプロデューサーやディレクターの名前などが誰かという点も関心を呼んでいるようです。

現時点では具体的な担当ディレクターの氏名などは特定できていないようです。

今後NHK内部で何らかの処分があるのでしょうか。

資金源

デモの参加者が「お金をもらった」ということですが報道する立場の人間としてはその資金源まで調べるべきだなどの意見もあるようです。

金銭を受け取ったという発言をそのまま受け取り字幕にしたようです。

資金源などは現時点では明らかにされていないようです。

ネットの反応

TwitterではNHKのBSの失態に色々な意見があるようです。

調査能力は十分にあるはずのNHKがどうしてこのような事になってしまったのでしょうか。

SNSではBSだからかなどのコメントもあるようですが経緯は今後明かになるのかもしれません。

NHKの信頼が揺らいでいるようです。

これは謝罪で済む話ではないね。
事実検証の放送した上で関係者は処罰されるべき。

日本の品格に関わる問題。

確認が不十分、じゃなくて、嘘か本当かをハッキリさせてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です