【冒険少年】やらせのディレクターは誰で名前と制作会社はどこ?

TBSでの番組でやらせが取りざたされております。

やらせ疑惑は文春オンラインで報じられております。

TBSの『冒険少年』でイカダ脱出の際にやらせがあったのではないかということです。

本日は『冒険少年』でのあばれる君に関するやらせ報道に関して取り上げます。

冒険少年はやらせ?

TBSの『冒険少年』のやらせ疑惑は下記のように報道されております。

昨年秋、ある番組スタッフを名乗る人物から1通のメッセージが「文春オンライン」のもとに届いた。そこに記されていたのは「脱出島」企画で疲弊する現場スタッフの悲鳴と、その原因となったという“過剰演出”への憤りだった。

実際に「文春オンライン特集班」が現地取材を進めると、番組の常連である絶対的王者・あばれる君(35)が漕ぐイカダが小船に牽引されるシーンや、スタッフが出演者のイカダや小道具を組み立てる姿など、様々な“疑惑”の瞬間を目にすることになった。

 船づくり、無人島にあるもので、ゲストが自力で制作しているように撮影していますが、実際はスタッフが材料を無人島に持ち込み・数日前から作成しています。撮影用に一部分だけ演者がとりつけたりして、実際に作っているように見せかけていますが、サバイバル専門家がメインで作成しています。

いかだで無人島を脱出するには無理があります。実際はある程度までとれたら、船でロープで引っ張って牽引しています(実際に脱出できた例もあります)。演者のスケジュールの関係などで、十分な撮影時間がないときは、ドラマのように順番を入れ替えて撮影します。ある程度のいれかえはあるにしても、島についてすぐに脱出のシーンを撮り始めることもあります》

出典:文春オンライン

文春オンラインでは『冒険少年』でのあばれる君のやらせに関して詳細に報道しております。

船でのけん引などはやらせなのか演出なのかなどの意見もあるようです。

以前よりやらせの問題はテレビ局にありますがどのような説明を今回はするのでしょうか。

ディレクターは誰で名前は

TBSのやらせ疑惑のある『冒険少年』の担当のディレクターは誰なのでしょうか。

ネット上にはSSSystemの長瀬さんの名前も出ているようです。

しかし、不明な情報ソースで現時点はあばれる君の脱出に関しての演出のディレクターが誰なのかは現時点は不明です。

今後ディレクターの氏名が判明した際にはこちらのサイトにも記述いしていこうと思います。

制作会社

TBSの『冒険少年』など番組は本体が制作しているわけではありません。

主に制作会社が番組を作り上げていきます。

しかし、最終責任はTBSにあり番組の担当ディレクターやプロデューサーにあると思われます。

どのような説明を制作会社などはするのでしょうか。

文春砲

文春オンラインでのスクープのような形に今回のやらせ疑惑がなっております。

ネット上ではこのような演出は織り込み済みで見ていたなどの声もあります。

どこまでが演出でやらせなのでしょうか。

この議論やかなり前からメディアの間であります。

Twitterなどでも冒険少年のやらせ疑惑に関して大きな関心が寄せられているようです。

テレビは、基本台本ありの世界ですから
演者の安全も考慮しないといけませんからね

台本と演出があり、切り取り編集してそれっぽく魅せるのがテレビ
視聴者もわかって観てるでしょ

ヤラセだと、みんな理解してみてるだろうよ。

ヤラセじゃなければ、ワンバックシステムに変なものを詰め込まないし、火起こしもあんなに時間をかける必要もない。
到着して速攻で筏を作るよ。

火起こしも結構怪しいと思ってる。
確かに出演者が火を起こしてはいるけど画面が切り替わったらいつも大きな焚火になってる。
火を起こす瞬間だけ撮ってあとは着火剤とかバーナーを使って焚火にしてそう。

1 COMMENT

尾身 苦労

なんか…ドックスという制作会社も
冒険少年の制作にかかわってるようです。
関わってる番組一覧に冒険少年とありました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です