ナミビア外交官は誰でオミクロン株の感染経路の特定は?

ナミビアから帰国した男性が新型コロナウイルスのオミクロン株に感染していたことがわかりました。

日本の検疫機能がきちんと働いているとの評価もありますが、不安を隠せない国民も多いようです。

ネット上ではオミクロン株に関して様々な意見があるようです。

感染力が強く、モデルナなどのワクチンの抗体効果が従来型より低いそうなので、フライトに同乗していた方々の感染の有無が気になります。

入国規制は今回、迅速でしたが、この同乗者の追跡調査や自宅隔離等を至急対応しないと、忍びの敵が城内に入ってから大門を閉めるのと同じで、逆効果になりかねないので、そこが心配ですね。

感染力が高いとのオミクロン株ですがどうしてナミビア帰りの男性は感染してしまったのでしょうか。

ナミビアから帰国

アフリカのナミビアから日本に帰国した30代の男性がオミクロン株に感染していたことが判明いたしました。

アフリカのナミビアに滞在歴があり、11月28日に成田空港に到着した30代の男性が、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に感染していたことが、30日わかりました。

国内でオミクロン株が確認されるのは初めてです。

28日、成田空港に到着した30代の男性が、検疫所の検査で新型コロナウイルスに感染していることが分かり検体を解析した結果、南アフリカなどで感染が拡大している新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に感染していたことが確認されました。

オミクロン株への感染が国内で確認されたのは初めてです。

出典:FNNプライムオンライン

オミクロン株が確認されたのは国内では初めてということでかなりの衝撃が走っています。

南アフリカで発見されその隣国のナミビアからの帰国ということで日本の検疫も注視していたようです。

アフリカやヨーロッパで発見されていましたがこんなに早く日本への帰国者から感染者が見つかるとは思っていなかった方も多いようです。

今後世界の新型コロナの感染者数はどのようになっていくのでしょうか。

オミクロン株の30代男性は誰

オミクロン株に感染していたのは誰なのでしょうか。

報道では30代の男性という点だけ報じられております。

プライバシーの保護の観点からこの男性を特定できるようなデータは報じられておりません。

報道でナミビアの外交官の方がオミクロン株に感染していたことが判明いたしました。

感染ルートを特定?

ナミビアから帰国した30代の外交官の感染経路などは分かっているのでしょうか。

現時点ではオミクロン株への感染のルートなど詳しいことは特定できていないようです。

感染力がかなり高いということですが一緒に飛行機に同乗していた他の客やCAなどは感染は大丈夫だったのでしょうか。

日本の水際対策が問われております。

ネットの反応

ネット上ではあまりにも早いオミクロン株の感染者の出現に悲鳴にも似た感想を持つ方もいます。

世界は感染爆発のさなかにありますがオミクロン株がどのような影響を与えるのでしょうか。

感染力が高いけれども重篤化はあまりしないような意見もあるようです。

日本では感染が今現在抑えられておりますが今後の感染者数に動きにも関心が集まります。

タッチの差で入国制限が合わなかったんですね。政府にしては迅速な対応だと思ったんですが、オミクロン株の方がその上をいってしまった。
ただ、これ以上の流入を防ぎ感染拡大の時間を稼ぐ意味でも制限は継続してほしい。その間に経口治療薬の開発を急いでほしいです。

感染者が日本人だとしたら
なぜこの状況で海外に行くのだろうか
海外で永住権があるなら
どうして日本に帰ってくるのだろうか
どういう理由であれ自己中すぎて理解できない

ゲノム解析には4~5日かかると聞きましたが、短縮されたのでしょうか。
今後、新規感染者は、全員、ゲノム解析の必要があると思います。
第6波が、第5波のようにならないようにするためには、初動が大切です。
今の新規感染者数であれば可能なはずです。
ちょっとでも遅れれば、間に合わなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です