林沢凡容疑者を逮捕:インスタ顔画像と勤務先の運送会社はどこ?

出し子ナンバーワンと呼ばれる男が逮捕されました。

逮捕されたのは林沢凡容疑者ですが一人で6千万円もの金額をコンビニのATMなどから出勤していたということです。

林沢凡容疑者に関しては警視庁もなかなか逮捕できなかったようです。

Twitterにはこの出し子にも弁済させるべきだなどの意見がたくさんあるようです。

出し子にも全額弁済させるべき。罪が軽すぎでまた繰り返すからもっと罪を重たくするべき

時代に合わせて量刑の見直しをするべきでしょうね。
詐欺師の手先だと数年で出てくる(刑務所から)。

本日は林沢凡容疑者の逮捕に関しての話題となります。

林沢凡容疑者を逮捕

一人で6千万円もの金額を現金引き出し機などから出していた林沢凡容疑者の逮捕は下記のように報道されております。

6000万円を、1人の「出し子」が引き出していた。捜査員の間で「出し子ナンバーワン」と呼ばれていた男。”弱冠二十歳”の配送業アルバイト・林沢凡容疑者が逮捕された。

林容疑者は、3月18日、東京・豊島区のコンビニで、他人名義のキャッシュカードを使い、現金250万円を引き出した疑いがもたれている。この250万円は、同じ日に、神奈川県の60代の男性の銀行口座から、コンピューターウイルスを使って、ネットバンキングで不正送金されたもの。

林容疑者は、その日のうちに、2カ所のコンビニで7回に渡って、250万円を引き出したとされる。犯罪グループからの指示で「出し子」をしていたとみられているが、その手口は実にスピーディーで手慣れている。

林容疑者の自宅から押収された他人名義のキャッシュカードは30枚以上。他人名義の保険証やSIMカードも見つかっているという。去年10月以降、およそ200人分のカードを使った8500万円の”不正引き出し”が、林被告の犯行と確認されている。

出典:FNNプライムオンライン

林沢凡容疑者は年齢が20歳ということですがどうしてこのような詐欺に加担するような行動をしたのでしょうか。

出し子ナンバーワンとして警察組織からもマークされていたということですが今回の逮捕となりました。

ネットバンキングでの不正送金に絡む現金の引き出しが直接の逮捕のきっかけとなったようですが余罪を含め警視庁は慎重に捜査をしているようです。

インスタ顔画像

林沢凡容疑者のインスタやFacebookなどでのプロフィール写真などはあるのでしょうか。

詐欺事件にかかわっていた人物ということでSNS上でのアカウントは存在しないようです。

ツイッターなど使っているにしても偽名やハンドルネーム的なものでしょう。

顔画像自体は大手のメディアでも報じられております。

勤務先の運送会社はどこ?

林沢凡容疑者は運送会社のアルバイトをしていたということです。

容疑者の自宅住所は豊島区ですが人口が多く運送会社もたくさんあります。

ヤマト運輸や佐川急便をはじめ大手の企業から個人の運輸会社まであります。

現時点では林沢凡容疑者がどこの運送会社で勤務していたのかに関しては特定ができておりません。

自宅住所は豊島区

林沢凡容疑者の自宅住所は東京都豊島区ということです。

豊島区は池袋や巣鴨などのある大きな行政区です。

自宅の近くのコンビニなどのATMで多額現金を引き出していたということですが動機の解明なども急がれます。

Twitterには容疑者自身にも弁済させるべきだというようなツイートが数多くあるようです。

全額返済させるべき。
出し子でも捕まったら人生終わりってことをもっと分からせた方がよい。

被害者が泣き寝入りして、出し子は数年後に隠し持っていた金で快適に暮らすなんて許せん。

昔WOWOWで玉木宏さん主演ドラマでやってました。何十枚もある容疑者の写真の鼻から下を隠して、罪名と名前を当てる、カードゲームみたいだけど努力による特殊能力。そして駅や街中で待機して沢山の顔中から見つけ出す。今は必ずマスクだから見えるのは目だけ。帽子にサングラスなんかしたら、ほんとわからないですよね。

近くのコンビニだろうと遠くのコンビニだろうとカメラあるので、同じ風貌だと足はつくだろうし、
時間の問題だったろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です