千代延晃平本部長の読み方と学歴経歴は?群馬県警

群馬県警の千代延晃平本部長が前橋市で交通事故を起こしたということです。

千代延晃平本部長は現在50歳の県警本部長ということですが事故を起こしたということで注目を浴びております。

SNSでも県警のトップの不祥事に関心を寄せる方も多いようです。

警察組織の人で且つ社会的地位のある人が事故を起こしたから格好の材料になると思って詳細も無しに載せたのでしょうか。

車社会ではどんなに気をつけていても事故が起きる時はおきる。
社会的地位の高さに見合う慎重さ誠実さのある運転をしていたのか?
警察や官僚組織として一般人に恥ずかしく無い対応が出来ているか?

千代延晃平本部長の交通事故はかなりの注目度のようです。

千代延晃平本部長が交通事故

群馬県警の千代延晃平本部長の交通事故は下記のように報道されております。

群馬県警は23日、千代延晃平本部長(50)が運転する乗用車が同日、前橋市内で男性(30)とぶつかり、腕や脚に打撲の軽傷を負わせたと発表した。

出典:共同通信

千代延晃平本部長は前橋市内で交通事故を起こしたということです。

県警の最も上級の警察官の事故ということで批判もあるようですが詳細はまだ明らかになっておりません。

今回の事故はどのような過失なのでしょうか。

学歴経歴

千代延晃平本部長に関しては50歳で県警の本部長ということでその経歴や学歴にも注目が集まっております。

千代延晃平の学歴は京都大学法学部卒業ということです。

京都大学を卒業した後は警視庁に入ります。

警視庁警備一課長や警察庁長官官房参事官などを歴任した後群馬県警本部長に就任しております。

50歳で群馬県警本部長ということでかなり優秀な人物のようですね。

読み方は

千代延晃平本部長に関してはその名前の読み方がどのようなものなのか関心がある方もいるようです。

苗字はあまり見かけない文字です。

千代延は「ちよのぶ」と読みますが由緒正しい雰囲気も漂う苗字です。

群馬県警の不祥事

千代延晃平本部長の交通事故は群馬県警の不祥事だなどの意見もあります。

過失責任がどのようなものなのかはっきりしません。

相手方の不注意や重過失の可能性もあります。

地位、身分が県警本部長というだけであり、それと運転技量は無関係である
今、秋の交通安全週間だろ

林道だから
まさかこんなところに人が
いたと言う感じでしょうか
人間ミスは有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です