【フルゴスペル大分教会】コロナクラスター!韓国とは?

別府市のフルゴスペル大分教会で新型コロナのクラスターが発生いたしました。

マスクをしない状態で合唱をしていたという情報もあります。

フルゴスペル大分教会に関してはマスク無しでのゴスペルなどを歌っていたのではなどのSNSでの書き込みもあります。

自粛しすぎは嫌い派だけど
カラオケとか大声で騒ぐのはダメだって。
合唱って…
賛美歌なら大丈夫だと思ったのか?

宗教をもたない私には理解しがたいが、この感染拡大の中、讃美歌を大勢で歌わなきゃならないものなのだろうか。

フルゴスペル大分教会に関しては宗教的にもいろいろな見方もあるようです。

今回は別府市でのマスク無しでの合唱でのコロナクラスターに関しての話題となります。

フルゴスペル大分教会

別府市のフルゴスペル大分教会における新型コロナウイルスでのクラスターに関しては毎日新聞が下記のように報じております。

大分県は2日、同県別府市の「フルゴスペル大分教会」の集会参加者45人が新型コロナウイルスに感染し、クラスター(感染者集団)に認定したと発表した。

参加者は10~60代の男女で賛美歌やゴスペルを合唱していた。重症者はいない。

県によると、集会は8月22、27、29日に開かれ、3日間で計60人が参加した。教会では一定の距離を保つなど感染対策をとっていたが、マスクを着けずに歌ったり、隣の人と手をつないで歌ったりする人がいた他、中には軽食をとる参加者もいたという。

出典:毎日新聞

フルゴスペル大分教会においては讃美歌やゴスペルなどをマスク無しで合唱をしていた方もいたということです。

カラオケなども自粛が要請されておりますが教会などの宗教的な行為でも同様の注意が必要です。

ネット上ではマスク無しでの合唱ということで批判の声もあるようです。

宗教関係者も密になる場面ではさらに注意が必要となりそうです。

コロナクラスター

フルゴスペル大分教会ではコロナクラスターが発生してしまいました。

45人が新型コロナウイルスに感染したということです。

大分県でも最大級のクラスターとなり地元の住民には衝撃も広がっております。

どうしてマスク無しで大きな声で歌ってしまったのかなどのコメントもあります。

韓国とは

フルゴスペル大分教会に関しては検索すると「韓国」という文字も出てきます。

韓国や在日朝鮮人と関係のある教会なのでしょうか。

もともと韓国ではキリスト教の普及が進んでおり日本でも韓国人は教会に行ってお祈りをすることも多いのです。

大分県でも韓国人のキリスト教の信者は教会に行き祈り讃美歌やゴスペルを歌ったりします。

今回のコロナクラスターの中に韓国人の方がいたのかに関しては公式の発表はないようです。

ネットの反応

フルゴスペル大分教会でのマスク無しの合唱はさすがに批判が多いようです。

緊急事態宣言の地域も減らない中宗教施設でのコロナクラスターということで司教の方などは忸怩たる思いでしょう。

今後のキリスト教の教会では讃美歌やゴスペルの合唱は控える方向に向かうのかもしれません。

大変な思いしている医療関係者や、まじめに対策して生活している人に迷惑かけないでと言いたい。
海外の宗教活動なども、大流行の加担になっていますよね。

合唱は今無理よ。
しかもマスクしてない?

今までは大丈夫だったかもしれないけど
1人感染した人が居ればアウトだよ。

細かく言わないと判断出来ないのでしょうか。。
カラオケダメなら合唱もダメかどうか分かりにくい事ですかね??
来週は学校でのクラスターが勃発するでしょうけど、学級閉鎖にするだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です