ケヴィンクラークが死去|死因は事故で妻と子供は?

アメリカの俳優のケヴィンクラークさんが死去したとの報道が入ってきました。

ケヴィンクラークさんは映画「スクールオブロック」の小学生のドラマー役で有名で日本でもファンが追悼のコメントをSNSに書き込んでいるようです。

享年32ということで30代での死去はあまりにも衝撃的です。

今回は米国の俳優であるケヴィンクラークさんの死去に関しての話題となります。

ケヴィンクラークが死去|死因は事故

アメリカの俳優であるケヴィンクラークさんの訃報はシネマトゥデイが下記のように報道しております。

映画『スクール・オブ・ロック』(2003)の小学生ドラマー・フレディ役で知られるケヴィン・クラークが交通事故に遭い、32歳の若さで死去した。

ジャックはケヴィンさんの突然の死に、Instagramで声明を発表。「打ちのめされる知らせだ。ケヴィンが逝ってしまった。あまりに早すぎる。

美しい魂を持った人で素晴らしい思い出がありすぎて、心が痛い。彼の家族と『スクール・オブ・ロック』コミュニティの全ての人たちへ愛を贈ります」とつづっている。

出典:シネマトゥデイ

シネマトゥデイではケヴィンクラークさんの死去を上記のように報じております。

シカゴでの路上で事故に遭ったということですがその詳細はまだ発表されていないようです。

突然のケビンさんの訃報に多くの映画やアメリカの芸能関係者はショックを隠し切れないようです。

原因究明を現地の当局はしているようです。

妻と子供は?

ケヴィンクラークさんは結婚して妻や子供はいたのでしょうか。

結婚の情報に関してはネット上には無いようです。

30代前半ということもあり結婚はしていなかったようですので嫁や子供もいなかったようです。

こちらの結婚の情報は現時点で確定情報ではないので調査中です。

スクール・オブ・ロック

ケヴィンクラークさんと言えば「スクールオブロック」でのドラマー役が有名です。

『スクール・オブ・ロック』は、ミュージシャンでもあるジャック・ブラックが破天荒なロッカー教師を演じたコメディー映画。名門小学校にそぐわないニセ教師と小学生たちがロックを通じて交流を深めるさまを描いて多くのファンを獲得し、2013年にはキャスト&スタッフが再集結する公開10周年記念イベントも開かれていた。

本人によると、同作にキャスティグされたのは実際にドラムを演奏できる子供だったからというだけの理由であり、『スクール・オブ・ロック』はケヴィンさんが出演した唯一の映画となった。その後は、プロのドラマーとして活動していた。

報道でも映画の小学生でのドラマー役が大きくクローズアップされております。

まだ30代という若さでの死去に本当に多くの関係者が衝撃を受けております。

ネットの反応

ケヴィンクラークさんの死去は年齢が32歳での死去ということで大きな反響があるようです。

まだまだこれから活躍が期待されていた俳優さんですがどうしてこのような不法という結果になってしまったのでしょうか。

全米のファンが悲しんでいるようです。

本当に残念過ぎる

32歳は早いな

家族は悲しいだろう

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です