伊勢崎市連取町の有料老人ホームはどこで施設名と経営者(社長)は誰?

群馬県伊勢崎市連取町の有料老人ホームですべての従業員が一斉に退職したとして話題になっております。

伊勢崎市連取町の有料老人ホームでは人員配置に問題があったなどとヘルパーなどの従業員は主張しております。

この従業員の全員の退職で入居者は全員が他の施設への移動を余儀なくされました。

『緊急時は施設長が対応した』で、思い出したが、施設長って名ばかりで、大変な激務らしいです。
某政令都市の施設に両親が入ってましたが、5年間で3回も施設長が変わりました。昼夜問わず、お世話になりましたが、私どもから見ても大変そうでした。

ほんまに介護業界の給料見直さな質がやばいぞ。
安い給料で質なんか求める方が間違えてんねん。

今回は伊勢崎市連取町の有料老人ホームの全ての従業員が一斉に退職した件に関しての話題です。

伊勢崎市連取町の有料老人ホーム

群馬県伊勢崎市連取町の有料老人ホームでの勤務していた人間が全員退職するということが全国的に報道されております。

一斉に退職ということで老人ホームや介護の業界では注目されている件ということです。

前橋市の障害者施設運営会社が運営する伊勢崎市連取町の有料老人ホームで、全従業員が一斉に退職届を出し、入居者24人全員が近隣施設への移転を余儀なくされたことが29日までに、関係者への取材で分かった。

従業員側は「会社側の不適切な人員配置が続き、サービス維持が困難になったため」とし、賃金の未払いもあったとして民事提訴を検討すると説明。

同社は「突然利用者を移され、損害賠償請求も含め検討している」と対立している。

サービスの維持ができないと判断した施設長が退職を決め、他の職員もそれに続いた。従業員側は「ナースコールも適切に整備されておらず、入居者の安全確保が困難な環境だった」としている。

 今月26日が前月分の給料振込日だったが、十分な額が振り込まれていなかったとして、従業員側は同社に説明を求めていく考え。

出典:上毛新聞

上毛新聞によれば、伊勢崎市連取町の有料老人ホームでは入居者への安全が確保できなかったとのことです。

ナースコールなどの設備面でも不備があったという報道ですが本当なのでしょうか。

施設長の退職の意思に全員が従ったという形です。

このような一斉退職の問題は老人ホームの運営の問題点を明らかにしているのかもしれません。

どこで施設名

伊勢崎市連取町の有料老人ホームはどこなのでしょうか。

施設名などは現時点ではネット上にいくつか出ているようです。

伊勢崎市連取町の老人ホームを検索してみます。

上記の地図によれば連取町の老人ホームは下記の施設があるようです。

省のガイダンスに従いご対応ください。 詳細
住宅型有料老人ホーム藤和の郷
高齢者専用住宅 ・ 連取町3039?8
17:00 まで営業 ・ 0270-27-6201

住宅型有料老人ホーム
藤和の苑
花見月
住宅型有料老人ホーム パルクルーチェ
ライフホーム 株式会社アイリ-ライフ
ナーシングホームあい想

上記の中でどこの有料老人ホームが今回の一斉退職の現場となったのかはまだ特定ができていないようです。

今後はこの全員が一気に職場を退職した老人ホームの名前などは掲示板などから情報が出てくる可能性が高いようなのでそちらを注視していきます。

経営者(社長)は誰?

伊勢崎市連取町の有料老人ホームの経営者(社長)は誰なのでしょうか。

今現在はこの有料老人ホームの施設名が特定できていないので誰が経営しているのかも判別できません。

こン回話題になっている老人ホームの名前が特定できた際には当該施設の経営者の名前も明らかになりますのでその際にはこちらのブログにも氏名を記載しようと思います。

ネットの反応

伊勢崎市連取町の有料老人ホームへのTwitterなどでの批判がたくさん書き込まれているようです。

どのような状況下だったのかに関しての詳細はまだ表には出てきておりません。

職員が全員辞職したという事実がほうどうされております。

今後はどのような事情があったのかなどに関しての報道が増えていくと思われます。

いやおかしいでしょ。

24人に対して、施設長やパートこみで9人って、回ると思えない

給料未払いが一度でもあれば、その会社は危ないと思った方がいい
団結して全員退職し事実上の倒産状態と認められれば
未払い給料の立替払いや失業保険の早期給付が受けられます

ここに書かれていることが事実だと仮定すると、未払いがあった、従業員に訴訟を検討ということだが、従業員には2週間前に退職届を出せば、よほど特殊な仕事でない限り無条件で辞められるという法律の基本

今回の件はわかりませんが、土木建設業が介護福祉に手を出すケース多いですよね。
補助金もらいながら自社で箱物作って、肝心の中身は丸投げで運用してる建設業の経営者を知っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です