指宿市の男性教諭(36)の名前は誰で勤務先小学校はどこか特定?

指宿市の小学校の教諭が同僚の女性教諭に不適切な行為をしたとして懲戒処分となっております。

この男性教諭は年齢が36歳で20代の女性教諭を自宅に理由をつけて呼んだということです。

この男性教諭の処分が停職1か月ということでネット上では批判も多いようです。

停職一か月からの依願退職に驚いた。

刑事事件ですよ。
処分が甘すぎる。

この指宿市の小学校の男性教諭は依願退職したということですがこの点に関しても批判的なコメントも多いようです。

指宿市の男性教諭(36)が書類送検

指宿市の36歳の男性教諭が同僚の20代の女性の教諭にケガをさせた不祥事は鹿児島読売テレビが下記のように報道しております。

指宿市の男性教諭(36)が同僚の女性教諭(20代)にケガをさせたとして、傷害の疑いで書類送検された事件。県の教育委員会は3日、この男性教諭を停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。

腕に全治2週間のケガをした。

当時、Aさんを指導する立場だった男性教諭から「果物を自宅に取りにきて」と自宅に誘われたAさんは、果物をもらった後すぐに帰ろうとしたが男性教諭は、腕を引っ張るするなどして、帰ろうとしたAさんを部屋に連れ戻そうとしたという。

後日Aさんは指宿警察署に被害届を提出。鹿児島地検によると11月24日付けで男性教諭は傷害の疑いで書類送検された。児童を教える立場にある教諭が起こした今回の事件。

出典:鹿児島読売テレビ

指宿市の30代の男性教諭は書類送検されております。

教育委員会の処分は停職1か月ということでそのアンバランスさに批判が集まっているようです。

事件を起こした教諭がそのまま教育現場に残るという点でも今回の停職の懲戒処分は甘いのではなどの非難の声があるようです。

名前は誰で勤務先小学校はどこか特定?

指宿市の依願退職した36歳の男性の小学校の教諭の名前などは特定できているのでしょうか。

この男性の教師は実名報道などはされておりません。

指宿市立開聞小学校
指宿市立山川小学校
指宿市立魚見小学校
指宿市立大成小学校
指宿市立柳田小学校
指宿市立利永小学校

上記の小学校が指宿市内にはありますが勤務先の学校名なども特定されていない状況です。

さらに顔写真などもなく勤務先だった鹿児島県内の小学校の名前も伏せられており特定もされておりません。。

なぜこの事件を起こした男性教諭の名前などを公開しないのか批判の声が広がっているようです。

懲戒処分

男性教諭の懲戒処分は停職のみでした。

その停職の期間は1か月でした。

1か月間の停職期間ということでネットをはじめとしてSNSでは批判が広がっています。

1か月後には再度児童の前に教員として立っているということでしたがこの教諭は依願退職をしました。

ネットの反応

指宿市の事件を起こした男性教諭に関してはその処分が甘いとの批判が多いようです。

事件を起こせば懲戒解雇などになるのが通例のような気がしていたなどの書き込みもあります。

即座に懲戒免職できるよう公務員法と労働法改正を望む

犯人が一番悪いのは当然だが、学校が1ヶ月も経ってから依願退職させたり、話すことはないとか寝言をほざいてのはどういうことか。こんな学校に子どもを預けるのは真っ平ごめんです。

危機感が全くない。もし依願退職しなかったらまた教育現場に戻ってくるという事になる。

「答えることは何もない」とのコメントが小学校から出ているがおかしくないでしょうか。大勢の子供を預かる立場なのに完全な責任放棄でしょう。学校という組織のコメントですから当然学校長のコメントになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です