東京新聞の暴力記者(40代男性)の名前は?誰か顔写真を特定か

東京新聞の記者が厚生労働省への取材で暴力的な行為をしたとして話題になっているようです。

この東京新聞の記者は40代の男性ということで厚労省にはすでに謝罪の文書を出したとのことです。

この40代の男性記者の取材時間が約4時間にも及んでいることに関してもネット上では問題視されているようです。

どのような取材態度だったのか、など疑問の声も上がっているようです。

東京新聞の暴力記者(40代男性)の名前は?

東京新聞の暴力的な取材をした40代の男性記者に関しては下記のように報道されております。

 東京新聞は4日、社会部の40代の男性記者が厚生労働省の職員を取材中、机をたたいて怒鳴るなど暴力的な行為をし、職員に心理的な負荷をかけたとして、厚労省に謝罪する文書を出したと明らかにした。同日付の朝刊で報じた。

東京新聞によると、記者は新型コロナウイルス対策として、政府が全世帯に配布したマスクの単価や規格決定の経緯を調べるため、厚労省に情報公開請求した。不開示とされたことを受け、担当部署の職員に8~9月に2度取材した。

このうち9月4日の取材は3時間45分に及んだ。

 加古陽治編集局次長は「職員の方々を傷つけたことを深くおわびします」としている。

出典:共同通信

東京新聞の50代の男性記者の取材方法はネット上では、暴力記者などの表現で噂になっているようです。

このいわゆる東京新聞の40代の暴力記者は誰なのでしょうか。

この記者の名前に関してはまだ実名で報道はされていないようです。

5chなど掲示板などから今回の暴力記者と噂されている40代の男性の名前が特的された際にはこちらのブログにもアップしたいと思います。

誰か顔写真を特定か

今回謝罪に追い込まれた東京新聞の40代の男性記者の顔写真などはあるのでしょうか。

この暴力記者とネット上で騒がれている男性記者に関しては誰かまだ特定されておりません。

従って顔写真や所属部署などの詳細な情報はまだ手元にはありません。

今後画像などもSNS関係から入手できる可能性がありますのでそちらを注視していこうと思います。

謝罪

この東京新聞のSNSでも暴力記者と呼ばれている男性は厚労省へ謝罪の文章が出されました。

4時間近くにも及ぶ暴力的な取材はネット上でも恫喝なのではなどの批判的なコメントが多いようです。

東京新聞の今後の取材体制や態度なども社会的に注目される事態となっているようです。

職員を机をたたきながら怒鳴るなどは大人の態度とは言えません。

ネットの反応

ネット上では東京新聞の記者ということで話題になっているようです。

東京新聞には名物記者がいて賛否両論の議論を巻き起こすことがありますが今回は謝罪をするという展開になりました。

今後は適切な取材というものが勘案されるのではなどのコメントがSNSにはあるようです。

4時間近く、取材?
知る権利をたてに、相手に 不利益与えてるのは わかってるのかな?

タダでさえ勤務時間が長く負荷の大きい厚労省職員。
正義面して長時間拘束し、あまつさえ恫喝するなんて。いったい何様のつもりなんでしょうね。

議員であれば、まだ国民の代弁者という大義名分があるけど、ただの記者でしょ?

最近の記者は全体的に教養もなくレベルが低下しており、気概は一切なく、ただただ社の方針に従って動くだけの歯車になってしまっている気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です