【逮捕動画】大麻の売人を生配信したユーチューバーは誰でチャンネルは?

逮捕の状況を生配信をしたユーチューバーが書類送検されました。

違法薬物の購入を売人に持ち掛け警察には受け渡しがあるとの情報を流して逮捕させました。

その様子を動画で生配信したということで書類送検されたということです。

このユーチューバーの生配信の行為にSNSでは賛否両論のようです。

真似する輩が出てきそう。
何なら実際に使うところを配信して、意外と平気だから合法化しろ!ていうのも出てくるかもね。

YouTuberなるものは、正義を振りかざせば何しても良いと思ってる方が多い!!
しっかりルールやモラルを理解して頂きたい

あとで追い込みかけられるリスク考えると割に合わんと思うんだがね

今回は大麻の受け渡しをユーチューブのプラットフォームを使い生配信をしていたYouTuberに関してのトピックです。

【逮捕動画】大麻の売人を生配信

大麻の売人を呼び出し警察に逮捕させその様子をユーチューブで生配信していたユーチューバーが書類送検されました。

大阪の駅前での出来事ということです。

違法薬物の受け渡しを生配信していたユーチューバーの男らが書類送検されました。男らは現場に警察を呼び、薬物の売人が摘発される様子を配信していました。

今年2月、東京のユーチューバーの男らは大麻の購入者を装い、大阪市港区の駅前に売人を呼び出したうえで警察に通報し、受け渡し場所で売人が摘発される様子を撮影・配信しました。

男らは去年8月には名古屋でも違法薬物の受け渡し場所に現れた売人が摘発される様子を撮影し、YouTubeで生配信していました。
男らはこれまでの調べに対して容疑を認めているということで、警察は再生回数を稼ぐためだったとみています。

出典:MBS

逮捕動画を生配信するということでかなりの視聴者数が見込まれていたようです。

YouTubeでの逮捕の配信はこのユーチューバーは名古屋でも行っていたということで今回は大阪でした。

危険な行為で自らリスクを負う行為で批判が多いようです。

今後どのような目にあるのかその危険性などは認識したいたのでしょうか。

このような点を指摘するSNSのコメントも多いようです。

ユーチューバーは誰でチャンネルは?

今回大阪のJR弁天町駅に違法薬物の売人を呼び出して逮捕される様子を配信していたユーチューバーとは誰なのでしょうか。

そしてそのチャンネルはどのようなものなのでしょうか。

生配信をしていたというチャンネルはどうやらすでに閉鎖されているようです。

検索すると「ノックチャンネル」というアカウントがヒットします。

しかし、この「ノックチャンネル」の売人逮捕の動画は2019年5月に投稿されたものです。

今回の大坂弁天町駅での生配信の動画では無いとのことです。

再生数

大麻などの違法なものの売人を逮捕させるということで再生数の伸びを狙っていたようです。

YouTubeで収益を上げるには視聴者数や登録者数が重要です。

そこで過激な動画などを撮影したりしてビュー数を稼ぐYouTuberも出てきます。

迷惑系ユーチューバーなどもその典型です。

今回はいいことをしているようですがかなり危ない橋をこのユーチューバー自身が渡っていることを認識するべきなのではというような投稿もあります。

ネットの反応

ネット上では賛否両論のようです。

悪いことをしている人は逮捕された方がいいとの意見もあります。

それをYouTubeのプラットフォームにのせてお金儲けにするのは倫理的にどうかなどのコメントもあるようです。

書類送検されましたがこの逮捕の生配信ユーチューバーの今後はどのようになっていくのでしょうか。

警察より怖い人達に目付けられちゃったね

確実に狙われるだろ。

書類送検と言う事は最高でも罰金刑と言う事で前科は付くが「やっちゃダメよ」と注意するのと一緒

こりゃあ、釈放されてからが厳しそうですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です