伊勢谷友介自宅の場所は目黒碑文谷のどこ?マンション名はルクラスで特定か

伊勢谷友介容疑者が大麻取締法違反で警視庁に逮捕されてから1夜が明けましたが報道がやみません。

逮捕されたのは伊勢谷容疑者の自宅マンションということです。

さらにベランダで大麻草を栽培していたという報道もあり芸能関係者は驚きを隠せないようです。

逮捕されたのは東京目黒区の碑文谷という地区の高級マンションということで伊勢谷容疑者はキャッシュで購入したということです。

今回はこの伊勢谷友介容疑者の逮捕された自宅マンションに関してのトピックです。

伊勢谷友介自宅で逮捕

週刊文春が伊勢谷友介容疑者の逮捕に関して下記のように報道しております。

自宅には大麻などが常時あったようです。

「コロナ禍の最中、かなり長期間にわたり内偵作業を続けてきた。端緒となったのは、伊勢谷の関係者からの情報提供。

『大麻の常習歴は長く、常に部屋に(大麻が)ある』といったものだった。内偵の結果、一人暮らしのマンションから出た廃棄物などから大麻の痕跡が複数回検出されたため、強制捜査に踏み切った」(捜査関係者)

目黒区に位置する4階建てのマンション。最上階の約140平米の部屋に警視庁組織犯罪対策5課の捜査員が踏み込んだのは、9月8日午後3時過ぎのことだった。この部屋に住む俳優・伊勢谷友介(44)は、捜査員が捜索差押許可状を提示すると、観念したように自室に招き入れたという。伊勢谷がこの物件をキャッシュで購入したのは2014年3月のこと。その後の2018年に、伊勢谷が交際中のモデル・森星(28)と同物件で同棲生活を送っていたことを「週刊文春」は確認している。

前出の捜査関係者が言葉を続ける。

「リビングにある机の引き出しの中にチャック付きのビニール袋4つ、合計20.3グラムの乾燥大麻があった。隠しているというより、無防備にしまってあるという印象。

そのうち1袋を簡易鑑定にかけ、7.8グラムの所持を被疑事実として現行犯逮捕しました。さらに、机の上には巻紙が複数枚。

灰皿には使用したものと見られる燃えカスがあり、吸い殻は時間が経過しているものでした」

出典:週刊文春

この目黒区碑文谷のマンションからでたごみの中に大麻に関連するものがあったと警視庁の内偵捜査で確定されていたようです。

この目黒区のマンションでは以前にモデルの森星さんとの同棲が報じられた場所です。

この自宅に警視庁の捜査員が行き伊勢谷容疑者の逮捕となりました。

その時には大麻などが押収されたということです。

場所は目黒碑文谷のどこ?

伊勢谷友介容疑者の逮捕された自宅マンションはどこにあるのでしょうか。

場所は目黒区碑文谷という高級住宅街にあるようです。

文春などの報道ではマンションの外観なども画像として報じられております。

大き目のベランダもあるということですがマンション名の特定も進んでおります。

マンション名はルクラスで特定か

伊勢谷友介容疑者の逮捕された自宅のマンション名は何というのでしょうか。

SNSなどではすでに伊勢谷容疑者の自宅マンションの名前が特定されておりました。

逮捕現場ともなった自宅のマンション名は「ルクラス碑文谷」ということで高級マンションになります。

住所的には東京都目黒区碑文谷1丁目22-28となります。

SNSのツイートなど

SNSでは伊勢谷容疑者が実業家として活動したり教育分野にも手を広げていたことに関して様々な意見があります。

ツイートもやっぱりなどの意見もありますがショックを受けているファンも多いようです。

今後の事業の継続などはどのようになっていくのでしょうか。

これですべてパー

今後は世の中に対し良い事だけするようにしてほしい。
今回の事は反面教師にして頑張って。

実業家の顔があるなら俳優業をやめても食っていけますね。
彼の座右の銘はTwitterの名前に書いてある「挫折禁止」で我が道をゆくスタイルをアピールしてますし立派な人格者でありますので、ほとぼり冷めてまた俳優業の道をとはならないと思っていますね。

以前犯罪者役でドラマに出ていたけど、やけにしっくりきていたけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です